堀口 隆司|デンタルスタジオ和|埼玉県越谷市

略歴
1975年 埼玉県生まれ
1995年 日本大学付属歯科技工専門学校 卒業
1995年 埼玉県内技工所 入社
2004年 デンタルスタジオ和 設立
2009年 スタディーグループDCV主宰
手取り9万から始まった技工士生活

堀口さんはどのようなキャリアを歩んできたのですか?
― 初めて入ったラボでは3年間ほど働きました。最初の2年間は手取り9万円でした。よくアルバイトだったんですか?と聞かれるのですが、ちゃんと正社員として働いて9万円だったんです(笑)

堀口 隆司|デンタルスタジオ和|埼玉

なぜ、そんなに少なかった?
― そもそも、そのラボに仕事がなかったんですよね。仕事がないから早く帰れるんですが、給料が全然もらえない。さすがに生活できないので転職しようと思いました。メチャクチャ忙しくて、自分の実力や技工物を作るスピードとかが試されるような、ガツガツ仕事ができるラボに転職しようと思い、求人紹介の人に「かなり忙しいラボで有名ですが大丈夫ですか?」と聞かれるくらい忙しいラボを選びました。面接でも、実力を試してみたかったので「大丈夫です!やれます!」と答え、そこに転職することになりました。

堀口 隆司|デンタルスタジオ和|埼玉

高収入になるも、体調を崩す

転職先では順風満帆でした?
― そうですね、転職してしばらくはめちゃくちゃ順調でした。転職先のラボでは自分のやった仕事に対して歩合で給料がもらえたので、収入はぐんぐん上がりましたし。すぐに普通のサラリーマンより多い金額を稼げるようになりました。それで「オレって、すげえなって」って、ちょっと天狗になっちゃったんですよね。今思い返すと恥ずかしいことなんですが、大切なことや何のために技工士になったかっていうことを忘れてしまっていたんです。本来は、患者さんのために仕事をしなければならないのに…。

堀口 隆司|デンタルスタジオ和|埼玉

何かトラブルが起きた?
― その後、毎日夜中の1時2時3時まで働く状態がずっと続いて、しばらくすると技工所のナンバー2くらいのポジションになっていました。手を動かすのが早いし、そこそこうまかったと思うので、上司が自分の下に5人の後輩をつけたんです。つまり、自分自身の仕事も抱えつつ、5人の後輩を教えて技工物のチェックもしなければならない状態です。10分おきくらいに次々と「これを見てください、これを見てください」って後輩たちがやってくる。「さすがに、これは無理だなぁ…」と思っていたら、案の定、体調を崩してしまったんです。

堀口 隆司|デンタルスタジオ和|埼玉

自宅に引きこもる

長い間、仕事を休まれていたんですか?
― 結局、会社を辞めて、自宅に引きこもってしまいました。普通はインタビューでこんなに赤裸々に言うもんじゃないですよね(笑)しかも自分の場合は、結婚生活をしながらの引きこもりでした。ちょうど29歳から30歳の時ですね。自宅では、色んなことを考えてましたね…。仕事を頑張れば給料は上がっていくけれど、そうなると技工所に缶詰になって働いて、技工をやっているというよりも、ロボットのように単調にものを作っているだけになってしまう。そうすると、自分が技工士になった時に考えていたような、患者さんとドクターのために、いいものを作りたいという思いがどこかへいってしまうとか。


1

2 3 4 5

関連記事

  1. 小野木翔・小野木遥・藤本肇|ODL|千葉県松戸市

  2. 薄井 秀敏|u-Styleうすいキカク|神奈川県横浜市

  3. 小川 露胤寛|小川製作所|東京都台東区

  4. 近藤 彰宏|ケイデンタル|東京都町田市

  5. 辻 忠司|TDS|神奈川県横浜市

  6. 菊池 裕太|菊池デンタルラボラトリー | 神奈川県横浜市

  7. 岡 勝彦|オカデンタルラボ|神奈川県横浜市

  8. 関 聖生|京王歯研|群馬県高崎市

  9. 滝田 大地|QLデンタルメーカー|神奈川県川崎市

  10. 青嶋 仁|ペルーラAOSHIMA|東京

  11. 石原孝樹|QLデンタルメーカー|神奈川県川崎市

  12. 元中日の関啓扶選手が名古屋の歯科技工専門学校へ