工藤 忍|株式会社DLP|東京都目黒区

略歴
1967年 秋田県生まれ
1989年 日本大学附属歯科技工専門学校 卒業
1989年 都内技工所 勤務
1997年 株式会社DLP 設立

<その他>
I.O.R.口腔内再構築研修会 所属

働きながら技工士資格を取得

歯科技工士という職業を知ったきっかけは何ですか?
― 高校3年まで器械体操をずっとやっていました。ケガの多い選手だったので、最初は鍼灸師とか整体師に興味があったのですが、当時、地元・秋田に専門学校がなくて。仕方なく、同じ医療系の仕事を調べていたら、歯科技工士の仕事に興味を持ったんです。最後の決め手は、実家の援助を得られなくても、自分で働きながら学校に通える夜間部のある専門学校を見つけたことでした。あとは、この職業に就いている人は皆さん同じことを言うと思いますが、子どもの頃からモノを作るのが好きだったので、手先は不器用ではなかったことも、決め手になったと思います。

働きながら勉強するのは大変ではありませんでしたか?
― はい、全然、苦ではありませんでしたね。18歳で東京に上京してきて、都内の大手歯科医院が経営する技工所に勤めながら、日大の技工専門学校の夜間部に入学しました。卒業後はそこにそのまま就職して29歳まで勤めました。みなさん最初は大変だった言うんですが、私の場合は技工士の仕事は最初から楽しくて、辞めたいと思ったことは一度もありません。1、2年生の時は9時から16時まで働いていましたが、3年生は授業がお昼から始まるので勤務時間が短くなり、給料も7~8万ほどに減って大変でしたね。でも、勤務先に寮があって3食付きでしたから、手取りは多くはなかったんですが出ていくお金も少なかったので無事に卒業できました。

駆け出しの時代は、どのような仕事をしていたのですか?
― 最初の勤務先は、コーヌスやアタッチメントのような、クラスプを使用しないデンチャーの素晴らしい技術を持っているところだったので、私は入社してから29歳で辞めるまでずっと、デンチャーの製作に携わっていました。現在では歯科業界ではインプラントがメインになり、コーヌスデンチャーは少なくなっていますが、インプラントでは対応できない症例もあるので、この技術は次の世代に伝承していくべき技術だと考えています。うちのラボにも、今でも年に数件は依頼があり、是非この技術を若い人たちに引き継いでいきたいと思っています。



1

2 3 4

関連記事

  1. 安徳 直巳|ファインデンタル|三重県名張市

  2. 尾鷲 博記|株式会社シケン|徳島県小松島市

  3. 坂上大吾|ディタ|千葉県船橋市

  4. 熊谷 ちひろ|ケン・デンタリックス|東京都文京区

  5. 平野周太朗|ケン・デンタリックス|東京都文京区

  6. 吉田 直文|クレインセラミックス|神奈川県大和市

  7. 小野木翔・小野木遥・藤本肇|ODL|千葉県松戸市

  8. 関 聖生|京王歯研|群馬県高崎市

  9. 間中 道郎|Dent Craft Studio Mʼs Art

  10. 永田 翔大|ハピネスクリエイト|東京都三鷹市

  11. 保護中: 坪内 誠|エム・エス・クリエイト|神奈川県横浜市

  12. 岩崎 直紀|ファインデンタルラボラトリー|神奈川県横浜市