片川 絋輔|Sway Dental Lab|神奈川県横浜市

略歴
2007年   新横浜歯科技工士専門学校 卒業
2007年   Tim Dental Project 勤務
2010年   大阪セラミックトレーニングセンター 入学
2011年   株式会社ライズ(福岡県) 勤務
2013年   株式会社PREF(神奈川県) 勤務
2015年   神奈川県某歯科医院 勤務
2017年   Sway Dental Lab 設立
きっかけは、憧れのアメリカ生活

片川 絋輔|Sway Dental Lab|神奈川県横浜市

片川さんは、どういう経緯で歯科技工士になったんでしょうか?
― 私は歯科技工士になる前に理系の4年制大学を卒業したんですが、そこでは海洋工学を学んでいました。その当時、アメリカに憧れがあったので、学生時代には趣味で何度もアメリカに遊びに行ってたんです。アメリカでたまたま日本人の歯科技工士に会う機会があって、その時に、歯科技工士という仕事を知りました。もともと機械いじりとか、細かい作業が好きだったので、話を聞いてみて面白そうだなぁと感じていました。そこで一念発起して、大学の卒業後に専門学校へ行き、歯科技工士の資格を取ってから念願のアメリカで約4年間ほど歯科技工士として働いていました。

片川 絋輔|Sway Dental Lab|神奈川県横浜市

海外では最初から自費技工物を担当

アメリカと日本で、どんな違いがありましたか?
― 日本では通常、保険技工物の仕事を経験してから難易度の高い自費技工物の仕事をやらせてもらえるようになると思いますが、アメリカでは自費診療しかありませんので、私も最初から自費の仕事をさせてもらっていました。もちろん自費なので難易度が高く、最初は思うように仕事が出来ませんでした。まず、初めの頃にカービングすら満足に出来ない状態でフルマウスを任されたのが、とても衝撃的でした。その後、ワックスアップ、プロビジョナル、メタルフレーム、カスタムアバットメントなどを担当していました。私の勤めていたラボはノルマ制でしたので、一日何本と決まっていて、終わらないと帰れないため毎日必死だったのを覚えています。

―出会った先輩方もとても上手な方ばかりだったので、すごくいい経験となりました。アメリカで歯科技工を続けたかったのですが、ビザ取得が困難で、帰国することになりました。



1

2 3

関連記事

  1. 小野木翔・小野木遥・藤本肇|ODL|千葉県松戸市

  2. 元中日の関啓扶選手が名古屋の歯科技工専門学校へ

  3. 近藤 彰宏|ケイデンタル|東京都町田市

  4. 島 隆寛|株式会社シケン|徳島県小松島市

  5. 工藤 忍|株式会社DLP|東京都目黒区

  6. 日高 洋幸|UNICON|東京都台東区

  7. 大畠 一成|デンタル・ラボア・グロース|東京都渋谷区

  8. 熊谷 ちひろ|ケン・デンタリックス|東京都文京区

  9. 辻 忠司|TDS|神奈川県横浜市

  10. 安徳 直巳|ファインデンタル|三重県名張市

  11. 岩崎 直紀|ファインデンタルラボラトリー|神奈川県横浜市

  12. 薄井 秀敏|u-Styleうすいキカク|神奈川県横浜市