ディタ補綴研究所|千葉県船橋市

千葉県船橋市にラボを構えるCAD/CAMシステムなどのデジタル技工に特化した歯科技工所、ディタ補綴研究所。代表を務める坂上大吾氏はスイス・チューリッヒで設立された世界的な人工歯製造会社「Ivoclar Vivadent社」のインストラクターを務めるとともに、株式会社松風でもアドバイザーを務めるデジタル技工の分野で指導的な立場を担っているラボの一つである。代表の坂上氏は、過去に歯科雑誌「歯科技工」や「QDT」などへの掲載実績の多い、実力派技工士の一人。

坂上大吾|ディタ補綴研究所|千葉県船橋市

代表
坂上大吾(さかがみ だいご)

1994年 新東京歯科技工士学校 卒業
1996年 有限会社ディタ補綴研究所 開業
2003年 イボクラール社 C&Bインストラクター就任
2015年 株式会社 松風 cad/camアドバイザー就任
2016年 FWD 理事就任
東京にしむら塾OB会 副会長就任

「歯科技工士を、歯医者さんの隣で唾を吸う仕事だと思っていた」

坂上さんが歯科技工士になったきっかけは?
― 技工士になった理由ですか?僕はサーフィンをやっていたので、高校を卒業したらサーフボードを手に、海外でもブラブラしようと気軽に思っていたんです・・・もちろんそういう訳にはいかず、親と先生から「せめて何か手に職つけて、海外に出ても使える免許を持っていけ」と言われて。それで歯科技工士学校を紹介され、今の道にいたるという感じです。

周囲に勧められて、というきっかけだったんですね。
― 実は学校に入るまで、僕は歯科技工士という存在を知らなかったんです。てっきり歯科衛生士の仕事と勘違いしていて「歯医者さんの隣で唾を吸う仕事かなぁ」と思い込んでいたら、全然違ってびっくり(笑)それでも、美術や絵を描いたりすることはもともと好きだったので、専門学校に入ったら、技工の世界にハマっちゃった、という感じですね。

― 小さい頃にプラモデルにハマっていた技工士さんは多いですけれど、僕はプラモデルよりは絵を描く方だったですね。筆も持って描いてましたし、あとはスプレーのグラフィックとかもやっていました。それが審美を追求するところにつながっているのかもしれません。

「医院を支え、医院に支えられる関係」

ディタさんを開業されたのはいつ頃ですか?
― 技工士学校を卒業して1年半ほどで開業しました。タイミングとしてはかなり早いと思うのですが、うちの親が税理士だったので開業できる免許なんだから早く開業した方がいい、やりながら勉強しろと言われてね。それでそのタイミングで開業しました。

1年半で開業というのは早いですね!
― かなり早い開業だったんですが、今お付き合いのある先生は開業当時から今も続いている先生がほとんどなんです。本当に20年近い付き合いになっている。そういう先生たちがいるから、うちのラボが続いているんだと実感しています。お互いに支え合う関係になれているからこそ、20年以上この世界で仕事ができている。傲慢になったり、「俺がやってあげている」という感覚で仕事をしていたら、ここまでは続かなかった。この仕事は、信頼関係があるからこそ成り立つものだと思っています。

「CAD/CAMが仕事の仕方を変えた」

業界的に長時間労働が問題になっていますが、ディタさんはいかがですか?
― 昔は忙しすぎて、ずっと夜中までやってるという時期もありました。だけど、それはもう完全にやめました。今は仕事の9割ぐらいがCAD/CAM。そのおかげで、仕事をシステム化して考えられるようになったんです。15時までにモデリングをして、帰るまでに削り出して、焼くのは夜中にやっちゃおう、というような仕事の枠組みを作れるようになった。

― それで、早く帰ったり、休日をちゃんと作れるようになったんですね。会社作りにすごくCAD/CAMが役立ちました。「豊かに幸せになる」というのはうちのラボの理念でもあるのですが、それを徐々に実現できていると感じると、会社をやる苦労はあってもやっぱり楽しいですね。

― どの職業でもやりたくなくなる時ってあると思うんですよ。だから、結局何の職業でも「続けられるどうか」にかかってくる。僕は技工士をやめようと思ったことは1回もないです。一度関わりが出来ると、患者さんもずっと長く見ていきたい。先生とのお付き合いの中で、頼りにしていただく喜びもある。だから技工士をやめる理由がないんですよね。

「よりよい歯科医院を作るお手伝い」

坂上さんの強みについて教えていただけますか?
― そうですね。僕の作る技工物の強みは、ありきたりですが調整がいらないということ。加えて、色・形も先生に褒めていただいています。

― 少し変わったところでは、医院のミーティングや、コンサルティング的な部分に加えていただいているところですね。歯科医院の目指す方向性をうかがい、それに合わせた補綴物のラインナップを先生と決めたりします。歯科医院が繁栄するにはどうしたらいいか、それを先生と探ることをしています。

医院のコンサルティングも!なかなかそこまでやれる技工士さんは少ないですよね。
― ここまでやっている技工士はかなり少ないと思います。でも僕にはとっては自然なことなんです。なぜなら歯科医院が繁栄することが一番重要だから。こう言う表現をすると「患者さんはどうなるの?」と思われるかもしれません。でも、患者さんのためになる医療を提供するというのは、言うまでもない大前提。患者さんの役に立つ、喜んでいただけるような治療を提供すると歯科医院も繁栄する。で、僕らがその陰にいて、生きていける。そういう仕組みだと思っているんです。

― ですから単によい技工物を作るというよりは、より良い歯科医院を作るお手伝いができるところに、僕の強みがあると思っています。

― 無調整で入る技工物というのも、結局そこにつながっていく話なんですね。無調整で入るというのは歯科医院のためになり、患者さんのためになる。そして歯科医院の繁栄につながっていく。もし技工物が無調整で入らなかったら、何が悪かったのか医院と一緒に追求をしていく。技工物の質を良くするためには、歯科医院の方もトータルで考えお互いに話あって、整えていくプロセスを持つようにしています。具体的には、印象の採り方やスキャンの癖を研究して、いいものを作れるような方向に一緒に持っていく。それは僕と先生と、あるいは先方のスタッフの歯科衛生士などと行っていることです。たとえば、ある歯科医院では僕が使える部屋を用意してくださっているので、週一で通ってチェックしたりお話させてもらったりとか、そういうことをしています。

「技工物の質を担保できるシステム作り」

会社として規模が大きくなるにつれ、変化したことはありますか?
― 昔は技工物を作るのに審美的なところにこだわりをもってやっていました。本物のように見える歯を目指して一生懸命作っていましたね。一から十まで技工で、飯も食わないで朝から晩まで夢中になってやっていた。昔はそういう感じでした。

― でも経営者として人を雇うようになって、スタッフの働き方や生活のことを考えるようになってから、そういうところは意識して変えるようになりました。というのは、僕は自分のところで働いている子たちのことが大好きですけれども、彼らは僕と違って職人気質じゃないんです。一から十まで技工のことを考えるタイプではない。でも、技工士として楽しく生きていくためにはどうしたらいいのかなと考えたんですね。

確かに。人それぞれ気質は違いますもんね。
― 僕一人だったらひたすら修行だ、カービングだとやっていたらいい。でも、そうじゃない子たちも技工士になってきているんです。その子たちをいい技工士にして、ちゃんと一人前の技工士として生活できるようにして、長くやっていけるようにするにはどうしたらいいかを考えました。その結果、たどり着いたのが「システム作り」なんですね。ディタに入社すれば、誰でも僕に似たものが作れるようなシステムがいると。それも感覚的に見て覚えろではなくて、マニュアルを作り、ちゃんとその通りにやれば合格点がもらえるところまで持っていけるようなシステムじゃなきゃいけない。

― そこから先、たとえば色が好きで、形が好きでという子は勝手に伸びていく。なので、そこは個々人に任せるけれども、最低限のラインはみんなにクリアしてもらわないといけない。ですから、なんでここまで出来る必要があるのかということについて、全員に納得してもらえるようにしなければならない、というように考えています。


なるほど、人が育つための仕組み作りに注力されていると。
― はい。そういう意味では今は、歯作りというよりはスタッフづくりの方に力点がありますね。いい歯を作れるような人たちを作り上げていくところに力点を置いています。


― 昔はグッチだとかヴェルサーチみたいな感じを目指していました。今はユニクロになった、というと分かりやすいかもしれません。ユニクロに基盤があるけれど、その中でも僕なりに特化して、いいものを作っているという感じでしょうか。


― ウチは技工物の価格帯を、だいたい2ラインでお出ししています。一つがユニクロのような価格を抑えたもの、それともう一つは色出しをしたりとか立ち会いをしたりとかのフルサービスを備えたライン。それぞれに応じた価格になっており、どのラインかによって、作るスタッフが違います。

高級品とユニクロ的なラインナップを用意されているんですね。
― そうですね。というのも、スタッフによってはスキルや経験の問題で、正確に色を取るのが難しかったり、患者さんへのお話や説明を得意としない人もいる。そういった場面では僕が出るというようになります。なので料金に違いが出てきます。でも基本的な料金としてはユニクロです。誰でも買えるお値段、そしてお値段以上の品質に設定しています。

「口腔内スキャナの圧倒的なノウハウ」

ディタさんとしての技工物へのこだわりについてお話いただけますか?
― 僕自身が作る場合には、昔と変わらず審美的なところと、あとは咬合や周辺組織の歯肉とか骨だとか粘膜だとかを気にして作るようにしています。それは西村先生の影響なんですが、そこを気にして教えることで理屈も通るので納得もしやすいんですね。漠然としていたことがすっきりと解決するというか。周辺組織のことを考えて作るのが自分の中では自然になってきています。

― あとはCAD/CAMでどこまで出来るかの追求ですね。今は、口腔内スキャナの撮り方を先生ごとに微調整をしていくというところにかなりフォーカスしています。印象を採る子が代わると印象が悪くなるのと同じことがCAD/CAMでも起きるんですね。そこで微調整が必要になります。歯科医院側での印象の採り方、口腔内スキャナの撮り方を、こういうふうに直してくださいとお願いして直していただく。それによって僕たちも技工物の仕上がり状態をより良いものに出来るんです。うちは、口腔内スキャナに特化していきたいと思っています。もちろんそこは先生方の協力なくしてはできないので、一緒に協力しながら良くしていきたいと思っています。

ただ口腔内スキャナはいろんなメーカーがあると思いますが・・・
― うちでは、大きなメーカー3~4社の口腔内スキャナについては熟知していますので、ラボと歯科医院とのつなぎ方からサポートさせていただいています。意外に先生方が戸惑ってしまうところなんですね。もっと前の段階として、どの口腔内スキャナがいいのかというご相談にも乗っています。うちでは3shapeというソフトを使っているんですけれども、3shapeでそのまま繋がるのであればTriosだけど、他のものだったらどうしたらいいのかとかですね。その辺りが先生たちが面倒だったりよく分からなかったりする部分ですので。撮り方はメーカーの人がだいたい教えてくれるんですが、それだけではだいたい不十分なんですよ。ラボと繋げたらまず画像を送ってもらって、細かいすり合わせをさせていただきます。バイトが違うんじゃないかとか、もっと奥まで撮らなければダメだとか、色々あります。マージンが取れなかったりもするので、そういう時はこの分も一緒にとって欲しいとか。実践的なノウハウは、相当蓄積があると思っています。

― また口腔内スキャナって、モノによりますがやっぱり高額なんですよ。先生が高いお金を出して、投資しているからこそ、それをしっかり活用できるようにしたい。使うのが嫌にならないようにしたい。口腔内スキャナを通じて医院経営をより良くしたい、より良い治療のサポートをしたい。これからの時代に、口腔内スキャナはもっと必要になるでしょう。だからこそ、僕は歯科技工士として、徹底的にサポートしていきたいと思っています。

「労働相談のできる勤務環境」

ディタさんの会社としての特徴も教えていただけますか?
― 社保完備はもちろんですが、社労士の先生、あとはコンサルティングや税理士の先生も入れているんです。必要であればスタッフも先生方とお話できるようにしています。歯科技工士はどうしてもブラックな印象がありますから、社内で労働相談できる環境を整えることでそれを払拭したいなと思っています。

なるほど、それは素晴らしいですね。
― 終業時刻も六時半には帰れ!と口を酸っぱくして言っています(笑)残業するなら残業届けを出しなさい、それが面倒くさかったら帰りなさい、と。帰れないのであれば何で帰れないかということをよく考えて、明日に回せるものは明日でいいじゃないって言うんですね。かなり綿密に計画を立てて、うまく機械を使い、時間もうまく使っているのに「まだパンパンだ」という場合もある。その時には、ディタグループと言っているんですが、外部で協力してくれる技工士さんにお願いしようということでやっています。

― 若い人たちに考えてほしいのは、CAD/CAMって歯学・歯科技工学を分かっていることが大前提なので、そこのベースがないとただの工場の工員になってしまうということです。僕らは歯科技工士っていう資格のもとで働いている、あくまで歯科技工学の専門家。CAD/CAMの専門家じゃないということです。たまたまCAD/CAMが僕らの歯学とか歯科技工学を支えるための、便利なものとして現われただけなんですよね。


― さすがに、手で作れるようになりなさいってうるさくは言わないですよ。でも歯学とか歯科技工学を実現するためにCAD/CAMをうまく使いこなして欲しいですね。そのためには、もちろんコンピューターだとかパソコンの知識もしっかり持ってもらわないといけない。結局、僕らを越えるような新しい歯科技工士になれよ、というだけだと思うんですよ。CAD/CAMを使って楽だというんじゃなくて、僕らが作れないようないいものを作ってほしいし、僕らが出来なかった働き方を実現してほしい。

― これから色んな働き方や開業の仕方があると思うんです。パソコン一台で開業する歯科技工所も出てくると思う。でも形はどうあれ、歯科医院にとって繁栄するような働き方ができ、うまく社会貢献ができればいい。

― 僕は、技工士は歯を作らなければいけない、というわけじゃないと思うんです。歯学と歯科技工学がベースとなって、歯科医院が繁栄できるような歯科技工士であれば、最低限オーケー。それに加えて、手でかっこいい歯をうまく作ることができれば、それはもっといいですけれども。CAD/CAMの登場で、歯科技工士が関わる範囲が変わってくるんですけど、だからって勉強しなくていいっていうわけではない。知識を持って、それを頭の中で知恵にして、新しい歯科医療を進めていかなきゃいけない。

― ラボに引きこもって作っているだけがこれからの歯科技工士ではない。外に出て患者さんとしゃべって、ドクターと衛生士さんと助手さんと話をして、ということをもっとやるべきです。だから、人とコミュニケーションを取るのが嫌だから技工士になった、っていうのダメだと思うんですよ。人とコミュニケーション取りたくないから歯科技工士になった、っていう子がいると、じゃあ君は歯科医院勤務ね(笑)って言っちゃう。意地悪で言っているんじゃなくて、そうしたらその子がもっと良くなるというところを僕が嫌われてもいいから言ってあげなきゃと思います。

「人生が2倍楽しい、歯科技工士という仕事」

もし高校生に戻ったら、また歯科技工士になりますか?
― そうですね。たぶんなるかなぁ、という感じですね(笑)というのも、僕は何になってもいいなと思うんですね。魚屋さんとか八百屋さんとか全然別の仕事に就いていたとしても、そこの業界のために、おそらく今と同じようなことを考えていると思うんですね。それがたまたま歯を作ることだったので、患者さんの歯をきれいにするとか歯医者さんに喜んでもらうことを目指しているだけで。魅力ある仕事ですからね。やってて面白いですし。

― それに、僕が技工士になった時には手で歯を作っていましたが、今はコンピュータを使いこなして歯を作る時代になってきて、またちょっと変わってきたと思うんです。それって、また新しく開業する、また新しい技工士になるっていう感覚で、楽しめそうだなと。僕としては人生を2倍楽しめている感覚で技工士になってよかったと思っています。

どうもありがとうございました。

編集後記/大久保
坂上さんにインタビューをさせていただき、終始感じたのは、歯科技工士という仕事を「心から楽しんでいる」ということ。口腔内スキャナの最適な使い方から、歯科医院の経営まで、幅広くアドバイスし、最終的には患者さんのより良い治療につなげる。坂上さんが楽しめているからこそ、高いレベルで仕事をされているんだなと感じた。デジタル技工の時代に、これからの発展がますます楽しみだ。
ディタメンバーの声

私は、もともとCAD/CAM技工に興味を持っていました。ディタでは、それをメインに仕事ができているので、すごく満足していますね。分からない事があっても、坂上社長が丁寧に教えてくれる。不安なまま仕事をやることはないので、安心できる職場環境だなぁと感じています。
技工物を作る際には、モデリングする時、周りの歯と調和できるように気をつけてます。歯科医院ごとに歯の形など好みは違うので、満足いただける技工物作りができるよう、強く意識しています。分からない事は、丁寧に教えてくれるので1つ1つ納得しながら技工物を製作できます。新しく出来る事もどんどん増えていきますし、楽しみながら成長できる職場です。

ディタに入社してよかったのは、1年目から歯を作ることが出来てデジタル技工を学べるところですね。なかなか1年目から経験できないことが、できている実感はあります。
技工物を作る際には、セット時の調整が少なくなるよう、気をつけていますが、そういった点をドクターから評価してもらえるときは、すごく嬉しいですね。今後も、評価される技工物を作っていきたいと思っています。

歯科技工所の基本情報

坂上大吾|ディタ補綴研究所|千葉県船橋市
ディタ補綴研究所|千葉県船橋市
〒274-0060 千葉県船橋市坪井東1-22-10
TEL: 047-464-3348
mail: info@dita.dental
<沿革>
1996年 有限会社ディタ補綴研究所 開業

アクセス

取扱い技工物対応可否
保険義歯
金属床
コバルトクロム
チタン合金
純チタン
ノンクラスプ
バルプラスト
コーヌス
磁性アタッチメント
ステント
ミリングデンチャー

求人概要
職種歯科技工士(新卒、中途問わず)
CAD/CAMオペレーター
事務所スタッフ
※各若干名
給与応相談
※中途経験、能力を考慮して、当社規定に基づき決定します。
勤務地〒274-0060 千葉県船橋市坪井東1丁目22−10
時間9:00~18:00(お昼の休憩:1時間)
休日週休完全二日(土日祝休み)
年末年始。ゴールデンウィーク。夏季休暇
保険社保完備(雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険)

求人情報の
変更はコチラ(無料)

全国の人気ラボ/歯科技工士

  1. デンタル|福井県福井市

  2. メインティース|大分県大分市

  3. トーリテックス|大分県大分市

  4. プロジェクトR|岐阜県高山市

  5. みどり綜合企画|沖縄県名護市

  6. 浅井歯科技研|愛知県大府市

  7. 札幌メディカルラボ|北海道札幌市

  8. UBEデンタル・ラボ|山口県宇部市

  9. 金沢歯科技研|石川県金沢市

  10. プライムデンタル|北海道札幌市

  11. クレイン・セラミックス|神奈川県大和市

  12. 協和デンタル・ラボラトリー|千葉県松戸市

  13. アート・デンタル|広島県広島市

  14. 歯科技工プロテック|宮城県仙台市

  15. Aテクニック・デンタルラボラトリー|宮城県仙台市