CAD/CAMに完全に特化し、デジタル技工の分野で徹底的に技術を磨く、若き挑戦者。
CAD/CAM冠の品質(再製率の低さ)や納期の短さ(即日納品)など、ドクターにとって魅力の尽きないラボとなっている。

ハピネスクリエイト|東京都三鷹市

東京都三鷹市でラボを構えるCAD/CAMに特化した歯科技工所、ハピネスクリエイト。業務を高品質&スピーディーに対応する体制を整えることにより当日製作&当日発送にも対応している。ハピネスクリエイトの代表を務める永田翔大氏は、これまで約1万症例を手掛け、ラボ全体でも3万症例以上も製作をしてきた、名実ともに国内有数のデジタル技工の経験を持つ歯科技工所である。ハピネスクリエイトはドクターから「調整なしで入ることが最大の魅力」と評価されており、アメリカのインプラント・メーカーであるバイコン社の公認ラボにも登録されている。患者の多様なニーズに答えるため、セレックシステム、S-WAVEシステムに加え、ヨシダのCAD/CAMシステム「トロフィー」も導入している。

代表インタビュー ラボの基本情報 取扱技工物 求人情報

代表取締役
永田 翔大(ながた しょうた)

2012年 横浜歯科技術専門学校歯科技工士科 卒業
2012年 医療法人社団徹心会 入社
2015年 医療法人社団徹心会より独立
2015年 ハピネスクリエイト 創設
2016年 マスターセラミストスクール 卒業

デジタル特化で、3万症例を超える圧倒的な経験。当日作成・当日発送という究極の利便性を実現

CAD/CAM関連の設備投資に注力
― どのような経緯でラボの経営をスタートされたのですか?
ウチのラボは当初、ハートフル歯科の院内ラボとして始まりました。現在は技工所として歯科医院から独立した形態で経営をしています。会社の成り立ち上、ハートフル歯科グループからの受注が多いですが、経営自体は独立していますのでグループ外の仕事も年々増えています。今は技工士3名体制で、CAD/CAMに特化したラボということでメンバー構成はかなり若いラボになっています一番上が33歳、いちばん下が27歳。今後はもう少し事業拡大して、5名ほどの体制にしていきたいと考えています。 ― CAD/CAMに特化されているのですね
はい。うちはCAD/CAMの専門ラボとして稼働しています。「デジタル技工に特化したラボ」と、表現してもいいと思います。各メーカーのCAD/CAMソフトを取り揃えていますので、先生の幅広いご要望に対応できますし、CAD/CAMをやりたい人にとっては、色々とやれる環境が整っています。 ― ラボを見渡すと設備もかなり充実しているように感じますね
そうですね。機械にはかなり積極的に投資をしているんです。というのも、これからますますデジタル技工の分野は拡大していきますから。今後は歯科医院で撮影だけして、データのみを技工所に送り、データをもとに模型を起こして作成、というケースがどんどん増えてくると思います。

うちでは3Dプリンタは今のところ4台導入し、そうしたデジタル技工に即応できる体制になっています。今のところ、ミリングマシン3台、卓上スキャナ2台、口腔内スキャナ2台、ジルコニアを削れるCAM機が1台、ワンデイ治療専用のCAM機が3台。逆にメタルの鋳造機はまったく入れていなくて、本当にCAD/CAMのみでやっているラボなんです。 ― 3名のラボで、これだけ投資しているのもすごいですね
そうですね、かなり勇気は必要でした(笑)たしかに設備投資にはかなりお金がかかっていますが、デジタル技工の時代が確実に来るということで、そちら側に振り切ったんです。実は以前、ワックスアップをやっていた時期もあるんですよ。特に、技工士として仕事を始めた頃は、自費の仕事を増やしていかないと経営が厳しいだろうなぁと思っていましたので。

だから、マスター・セラミストスクールに通って、ポーセレンの技工も一通り勉強したのですが、結局CADに特化することになりました。ただ、ワックスアップというのはとても大事な技術なので、基礎をきちんと学ぶことはデジタル技工が全盛となってきている今でもとても重要だと思いますね。
当日作成、当日発送も可能
グループのハートフル歯科から受けている仕事は基本的にワンデイ治療なんですよ。このラボの建物の1階がクリニックで、シロナのカメラがあるんですが、それで撮影したデータをいただいて、2階のラボで作成。そして、その日にセットという流れで仕事をしています。作ってすぐセットしますので、翌日以降に仕事が残らない。仕事が残らないことによって早く帰ることができます。ウチは現在は終業18時半です。 ― 終業が18時半ですか!?それはすごい
これには、デザインソフトの進歩が大きいですね。今、メーカーで出しているソフトはこちらをある程度サポートしてくれる機能がとてもよくなっているんです。ですので、ほとんど悩むことなく、パッとできてしまう。修正もほとんどないです。直近ですと1個あたりデザイン10分、ミリング10分、削り出し10分の合計30分で作成しています。

― デジタルに特化すれば30分で削り出しまでやれるんですね
先生が30分で削って、うちで30分で作って、30分で先生が付けるという流れですが、患者さんには評判がよくて、ハートフル歯科ではセラミック治療が本当に沢山出ているとメーカーさんもよく言っていますね。セラミックは、私個人が経験した症例数で1万症例くらい、ラボ全体だと3万症例を超えると思います。 ― データのやり取りなど、困ったことはないのですか?
データの受領方法については、まだ検討が必要な状況なのですが、データ受領後の流れは確立しています。データ受け取り当日に作成、当日発送も可能ではありますね。今は宅配便の短時間輸送のサービスもかなり充実していますので、そうしたものを利用すれば超短納期での納品が可能です。従来の保険は、模型を作ってワックスアップして鋳造してというプロセス自体が時間のかかるものなので、短納期というところでCAD/CAMの意義は大きいと思います。
圧倒的な症例経験により、調整なしで入るCAD/CAM技工を実現
もちろん、初めからCAD/CAM利用がうまくいっていたわけではないです。うちがCAD/CAMを入れて10年ほどになりますが、最初は大変でした。ほとんど使い物にならないようなものしかCADで出来てこない。それをCAD上で頑張って直してから削り出して、それを模型に嵌めて、嵌めてみると削り出しの精度も良くないので、また形態修正して、ということを昔は延々とやっていました。画面上で修正し、削り出したものをさらに修正し、…ということですね。 ソフトの進歩は素晴らしくて、10年前と比較すると断然良くなっていますね。いずれは新卒1年目でもデザインができる時代になると思います。実際、うちでも去年卒業した子が一人でデザインしていますが、まったく問題ない。そのくらいにソフトが進歩しています。

― 永田さんのウリはどういうところにありますか?
私自身の技工については、現場からは「調整なしで入る」ところを評価していただいていると思います。ジルコニアで、1日で作成したケースがありましたが、それでも調整なしでぴったりはまりました。CAD上でデザインする時に、調整がいらないような感じで作る、つまり当てるところは当ててかわすところはかわすように作る、それだけです。何千何万の症例をこなしていると、そこの勘所が分かってきます。 あとは、やっぱりCADCAMのソフトがすごく進歩していることも大きいです。今年8月に出たばかりの最新ソフトを購入しましたが、今までと比較してさらに進化しているのがよく分かりましたから。
歯科衛生士とのダブルライセンスでさらなる飛躍を目指す
― 歯科技工士になったきっかけは?
歯科技工士になったきっかけは、私自身の歯の矯正経験ですね。矯正の経過をみるために、歯科医院に通うことが多かったのですが、通っていた歯科医院がラボ併設だったんです。歯科医院の入り口からラボの様子が見えるので、こういうのすげぇなぁってずっと見ていましたね。プラモデルを作るのとか、細かい作業を扱うのが得意だったので、技工はすごく面白そうに見えたんですよね。 それで、やってみようかなと思って横浜の専門学校へ行きました。正直いうと、学生時代はけっこうさぼってましたね(笑)でも、国家試験も含めて、学校の勉強には全然困ることがなくて、本当に勉強せずに済んでしまった感じなんです。その代わり、社会に出て、仕事を始めてからは本当に苦労しました。これはどうしたらいいんだろうかと、めちゃくちゃ困っていました。とにかく、何して良いのかわからないという感じでしたから… それで勉強勉強の生活になって、学生時代よりもよほど勉強していました。 学生時代から技工所でアルバイトしていたので、技工所での働き方がどんなものかはよく分かっていました。それで、技工所は絶対いやだ、こんなに遅くまではとても働けないと思って、院内ラボに行こうと心に決めて、学生の頃から色々な歯科医院を見学しましたね。そして選んで入ったのがここでした。当時はまだハピネスクリエイトという技工所の形にはなっていなくて、普通の院内ラボでしたね。

― 仕事をスタートして、困ったことなどはありましたか?
そうですね。ここで働き始めて困ったと思ったのは、患者さんとお話していてどうしても話に詰まることでした。治療のアシストに入る時など特にそう感じました。技工しかやったことのない人間なので、患者さんとうまくコミュニケーションができなくて、話すのは難しいなと思いました。うちのラボの技工士は、私だけでなく全員がアシストをやるのですが、その経験は技工をやる上でも役立っていると思いますね。 そして実はいま、夜間の歯科衛生士学校に通っていて、今年卒業して歯科衛生士免許も取得予定なんです。

― えっ?歯科衛生士の免許も取られるんですか?
そうなんです(笑)知り合いの技工士で、ダブルライセンスを持っている人を見て、自分も衛生士免許を取ったらいいんじゃないかと感じたんです。衛生士免許を持つと違って来るのは、患者さんの口腔内を直接触ったり、色々と処置をしたりする機会がありますので、補綴物の不適を見つけやすくなることですね。技工士の目と衛生士の手を持つ強みを生かせば、より良い仕事につながるかなと考えています。 ― なるほど。技工の仕事に活かすためになんですね
そうですね。18時半に終業なので、夜の時間は勉強に当てられるところも、ウチの良さだと思いますね。あと、衛生士として口腔内にアクセスできることで、よりメンテナンスしやすい補綴物の作成にもつながると思うんですね。これはドクターにとっても大きなメリットになると思います。もちろん全員に立ち会いというのは時間的に難しいので、僕が担当した患者さんだけに絞られてくるとは思うんですが。
CAD/CAMで全国から仕事をもらえるラボに
― 永田さんはどんなラボを目指されているのですか?
将来的には、地域に根付くラボというよりは、CAD/CAM専門ラボとして、全国から技工の仕事をもらえるようになりたいですね。ミリングセンターだとただ削るだけですが、うちはラボとしてデザインを含めた仕事をしていきたいと思っています。 ― どういった注文がよく出ていますか?
うちではジルコニアはごくわずかで、セラミックが主です。よくセラミックは割れると言われるんですが、形成と接着をしっかりやっていれば割れないし取れてこないというデータもあります。再製は月200本作っても片手で足りる程度で、通常のラボに比べるとかなり少ないと思います。 材料としてはVITAのマークⅡという単色の一般的なブロックをインレーではよく使います。E-maxやジルコニアだと硬すぎて、対合歯に悪影響があるし、除去も大変なんですよね。VITAマークⅡは硬さもちょうどよく、研磨もしやすくて除去もしやすい、いい素材です。 ただ、外注については、ジルコニアかe-maxが多くなるのではと感じています。どうしても流行の素材というものがあるので、それについては受けざるを得ないかなと。ジルコニアに対してやや後ろ向きなのは、歯にあまり良くないというのが一番の理由ですが、焼成に時間がかかるというのもあります。ブリッジなんかだと削り出してからシンタリングファーネスに入れるんですけれども、一度速いモードで7時間半くらいはかかるんですね。1日何も出来なくなってしまう。これに対してセラミックなら10分で削り出して終わりですから。
デジタル技工を極めたい人に来てほしい
― ハピネスクリエイトで働いてみたい方へメッセージを
現在は技工士3名でやっていますが、人間関係はとても良く、みんな仲が良いです。今後は、女性にもぜひ来ていただきたいですね。以前いた女性は残念ながら家庭の事情で辞めてしまったのですが、デジタル技工に特化しているので、綺麗で清潔な職場というのも、女性には嬉しい環境ではないかと思っています。 ― 確かに。ラボ内もすごくキレイで清潔ですね
そうですね。技工所っぽくないと、よく言われます(笑)先ほど、うちの終業時間は18時半だというお話をしましたよね。終業時間が早いというのは働く上で重要なメリットだと思っているのですが、意外と技工学校の就職説明会で、この話をしても意外と受けないんですね。特に男性は、机に向かって頑張って技工したいという人が多いような印象を受けます。 最近は社保完備のラボが増えているようですが、うちも社保完備していますし、有給休暇も国の決めたとおりに取得できます。6年以上勤めると有給は最高40日まで貯められますから、かなりの日数になります。

― 直球の質問で恐縮ですが、お給料はどのくらいなのですか?
かなり直球ですね(笑)給料は新卒求人としては良い方ではないでしょうか。新卒だと20万いかないところが多いと思いますが、うちは21万からです。2~3年目は本人のがんばり次第ですが年2万ずつ昇給、以降は年次昇給となっています。 CAD/CAM関連の設備投資には毎年かなりを費やしていますので、デジタル技工を極めたいという人にぜひ来てほしいですね。最新の技術を生かした技工を経験できるはずです。

どうもありがとうございました。
編集後記/高崎
デジタル技工の流れを読み取り、早くから積極的に設備投資し、3万を超える多くの症例を経験されているからこそ、スピーディーに調整ゼロの補綴物を製作できているのだなと感じた。若いメンバーが多いラボだが、その経験値は業界でもトップクラス。これからのさらなる活躍が楽しみな若手技工士だ。

東京都三鷹市でラボを構えるCAD/CAMに特化した歯科技工所、ハピネスクリエイト。業務を高品質&スピーディーに対応する体制を整えることにより当日製作&当日発送にも対応している。ハピネスクリエイトの代表を務める永田翔大氏は、これまで約1万症例を手掛け、ラボ全体でも3万症例以上も製作をしてきた、名実ともに国内有数のデジタル技工の経験を持つ歯科技工所である。ハピネスクリエイトはドクターから「調整なしで入ることが最大の魅力」と評価されており、アメリカのインプラント・メーカーであるバイコン社の公認ラボにも登録されている。患者の多様なニーズに答えるため、セレックシステム、S-WAVEシステムに加え、ヨシダのCAD/CAMシステム「トロフィー」も導入している。

ハピネスクリエイト|東京都三鷹市
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3丁目25−5−203
<沿革>
2015年 ハピネスクリエイト 創設
アクセス

技工物種類 対応可否
保険FMC
自費クラウン/ブリッジ
自費インレー・アンレー
CADCAM冠
チタン冠
インプラント(ストローマン)
インプラント(ノーベル)
インプラント(その他)
デンチャー(保険)
デンチャー(自費)
矯正
マウスピース矯正
マウスガード
自費TEK
ラミネートべニア

編集
求人項目概要
募集職種求人情報がありません。
給与/賞与求人情報がありません。
勤務時間求人情報がありません。
勤務地求人情報がありません。
休日求人情報がありません。
福利厚生求人情報がありません。
求人情報の
変更はコチラ(無料)


当ラボへのお問い合わせはコチラ

    お問い合わせ内容(必須)複数選択可

    全国の人気ラボ/歯科技工士

    1. デンタルアクト | 神奈川県大和市

    2. 横浜トラスト歯科技工研究所 |神奈川県横浜市

    3. 札幌デンタルラボラトリー|北海道札幌市

    4. ミハラ齒研 | 兵庫県神戸市

    5. サンデント | 新潟県新潟市

    6. ファインデンタル|三重県名張市

    7. FDA|東京都調布市

    8. 浅井歯科技研|愛知県大府市

    9. ニューデンタルリサーチ | 香川県木田郡

    10. オーディーエル(ODL)|千葉県松戸市

    11. テスト中です。|東京都文京区

    12. ワールドラボ 東京センター | 東京都目黒区

    13. ファインデンタルラボラトリー|神奈川県横浜市

    14. グローバルリンク | 東京都港区

    15. オーラルイノベーション|広島県広島市

    技工士ドットコム公式Twitter

    1. 熊谷 ちひろ|ケン・デンタリックス|東京都文京区

      2019.08.13

    2. 外山 紗希|QLデンタルメーカー|神奈川

      2018.06.05

    3. 間中 道郎|Dent Craft Studio Mʼs Art

      2017.09.06

    1. 【無料セミナー】11月1日(日)都技生涯研修 基本講習会Ⅱ「近代口…

      2020.10.23

    2. 【口腔内スキャナー購入を検討中の歯科医師の方へ】最新10機種を…

      2020.10.13

    3. 歯周病と癌の意外な関係とは?

      2020.09.30

    4. 歯周病とお肌・ニキビの関係とは?

      2020.09.19

    5. 世界初、歯科医院向けコロナ対策ロボットを開発

      2020.09.18

    1. 熊谷 ちひろ|ケン・デンタリックス|東京都文京区

      2019.08.13

    2. 外山 紗希|QLデンタルメーカー|神奈川

      2018.06.05

    3. 間中 道郎|Dent Craft Studio Mʼs Art

      2017.09.06