QDTに症例が多数掲載されている自費専門の歯科技工士。誠実な人柄と熱い想いを持って技工物を作製しているところが魅力。技工専門学校の講師を努めており、指導者としても活躍。
技工雑誌に症例が多数掲載されている自費専門の歯科技工士。誠実な人柄と熱い想いを持って技工物を作製している。技工専門学校の講師を努めており、指導者としても活躍中。豊富な院内技工の経験をもとに、セット時の審美性だけではなく、経年変化まで考慮された機能性の高い技工物を作る歯科技工士として、取引先の歯科医師から高い評価を受けている。

菊池デンタルラボラトリー | 神奈川県横浜市

菊池デンタルラボラトリーの代表を務める菊池裕太氏は、歯科技工専門誌QDTにたびたび症例が掲載される、絶対的な実績を持つ歯科技工士の一人である。特に、割れやすいインレーのケースに関しては、ドクターから絶対的な信頼を得ており、ナイーブなケースになればなるほど菊池デンタルに製作依頼をするというドクターが多い。菊池氏は、ドクターとのコミュニケーションを重視しており、まず初めの数ケースを二人三脚で協力し合いながら製作し、ドクターの好みを把握することに全力を尽くす。また、菊池氏は新東京歯科技工専門学校の非常勤講師も努めており、豊富な知識や技術に裏打ちされた技工物は、多くのドクターから厚い信頼を得ている。

代表インタビュー ラボの基本情報 症例写真 求人情報

代表取締役
菊池 裕太(きくち ゆうた)

2010年 新東京歯科技工専門学校 卒業
2010年 株式会社コアデンタルラボ横浜 入社
2015年 横浜市大型医療法人院内技工室研修
2017年 株式会社デンタルデザインベイシス 入社
2017年 有限会社菊池デンタルラボラトリー代表取締役就任
2019年 神奈川県横浜市にラボを増設


CLINICAL ENHANCEMENT COURSE 東京1期生
新東京歯科技工士専門学校 非常勤講師
ivoclar vivadent IPS ステイニングスキルアップコース・カットバックアドバンスコース受講
スタディーグループWAVE会員

QDTに症例掲載される自費専門の歯科技工士。誠実に歯科技工と向き合い、熱い想いをもって技工物を作製しているところが魅力。

残念ながら僕には“生まれ持った才能”は無かった。
― 菊池さんは、なぜ歯科技工士に?
父親が歯科技工士で家の中に仕事場があったので、日常的に歯科技工物を作るところを目にしていました。そんな父の背中を見ながら自分もいずれ、この仕事を継ぎたいなぁとなんとなく思っていたんです。 でもいざ技工士の専門学校に行ってみたら、残念ながら僕には、いわゆる天性の才能はありませんでした。1000人に1人とか、1万人に1人といったセンスはなくて。最初は本当に何もできませんでした。 ― 最初はなかなかうまくいかなかった?
はい、最初は全然ダメでしたね(笑)当時の僕のことを知っている先輩は、僕に会うと必ず「いやぁ、菊池君は本当に変わったよね」と言われるくらいですからね(笑)でも、たしかに最初はどうしようもないくらい下手くそでしたが、やる気とか上手くなりたいという向上心のようなものは、同年代の技工士の誰よりもあったと思います。
恥ずかしがらずに周りに聞いて、まずは真似をする。
― そんな菊池さんが、なぜ周りから一目置かれる技工士になれたのですか?
自分が今、沢山の先生と仕事ができているのは、周りの上手い技工士の方々から優れた技術を教えてもらえたからなんです。結局、上手い人に教えてもらうのが一番いいんですよね(笑)恥ずかしがらずに、どんどん周りの人に聞くのが自分のスタイルなんです。 手際の良い人や、先生から評価の高い人、自分が羨ましいなぁって思う技術を持ってる人に聞いてみて、自分が納得すればそれをやってみる。もし納得できなかったとしても、せっかく教えてもらったんだから、少なくとも一回はやってみる。自分で実際にやってみて、やっぱり違うなってなったら、また別でうまくやってる人に聞いてみる。私は、これを何千回、何万回も繰り返してきました。
適合力を磨くために歯科医院の院内技工で働く
― 菊池さんの技工物は、どんなところが人気ですか?
今の取引先の先生は皆さん、技工物の「適合の良さ」をすごく褒めてくれますね。例えば、すごく見た目の良い歯を作って、模型上で高さとコンタクトがピッタリ合っても、それが口の中に入らなかったらドクターは削る必要がありますよね。見た目がどれだけ良くても、適合が悪いと治療結果まで変わってしまうんですよね。なので、僕は自分の作る技工物の適合精度を上げるために、院内ラボに転職することにしたんです。 ― えっ!?わざわざ転職したんですか?
実は、転職ではないんですよ。(笑)前にいたラボと歯科医院が提携していて、ラボから数人派遣しているんです。院内ラボの場合、患者さんや先生と距離が本当に近いんですよね。自分の作った技工物の経年変化もみられるし患者さんの口腔内の経過も見れます。さらには、先生と一緒に議論して、より良い技工物を作るために必要なあらゆることが学べるんです。 どこをどうすれば、どのような結果になるかを、先生と一緒に膨大な数の症例を見てきた経験が、僕の宝物なんですよね。今では、取引先のほぼ全ての先生から「今まで出していた技工士の中で適合精度が一番いいよ」と褒めて頂けているのは、院内技工で働いていたのが一番の理由でしょうね。
良い技工物を作るために、必要に応じて医院に足を運ぶ
― 他に、どのようなことにこだわっていますか?
先生にとって、技工物がスムーズに下までスっと入るということは、治療で一番ストレスがないと思うんですよね。そういう技工物を作るコツとしては、まずは先生とのコミュニケーションを細やかに取ることですね。そして難易度が高い技工物の場合は、自分の目で実際に、作る前と作った後に患者さんの口の中の状態を見て確認するということです。 通常の技工物の場合は写真を送って頂ければ十分ですが、僕は必要があれば歯科医院に足を運んで、技工物を入れるところを見に行っています。お金の損得だけ考えていたら、良い技工物は作れませんからね。 セットする時には、まず先生は模型を見ますよね。まず先生が自分の技工物を見て、どのように思っているのか、先生の表情から判断しています。「オッケー、オッケー、大丈夫」とか、「ちょっと不安を感じているなぁ」とか。先生の表情を見ればだいたい分かります。
まずはお試しなので、最初の数ケースは技工料を頂きません
― 普段は、営業活動には力を入れているんですか?
少し前までは取引先の先生からの紹介がメインでしたが、最近は勉強会などで知り合った先生からの仕事の依頼も増えてきましたね。先生から仕事のお声がけを頂くことは、とても光栄なことなので、仕事はかなりパンパンなのですが、なんとか時間をやりくりしながら対応させて頂いています。やっぱり、いろいろな先生に仕事を頼まれるのは、嬉しいですからね(笑) そして、先生方にとって、今まで使っている技工所を変えることはとても勇気がいることだと思うんですね。この技工士が気になるなぁとか、一度仕事を出してみたいなぁ、くらいはきっと思ってもらえるでしょうが、いざ本当に技工物を出すとなるには、結構ハードルは高いと思うんですね。 ― なるほど、そりゃ、そうですよねぇ。
ですので、うちでは最初の数ケースは新規の先生からは技工料は頂いていません(笑)お互い、一回だけの関係で結論を出してしまうのはもったいないと思うんです。一回目の技工物が全くダメなクオリティならば論外ですが、僕は2~3回くらい仕事をすればキチンと先生が求める以上のクオリティの技工物を作ることができます。 ― かなり大胆なことをしているんですね?
僕はクオリティに自信があるので、最初の何ケースはお金を気にせず、先生には気楽に出して欲しいんです(笑)無料なんだから、 よく先生には相性など、いろいろな部分で不安を感じていると認識しています。最初のケースは不安があると思ったんで無料にして、気軽に先生と勉強できる環境を目指しています。
治療の好きな先生と仕事をしたい
― 菊池さんは、技工士という職業をかなり楽しんでいますよね。
そうですね(笑)僕の場合、もし高校生の頃に戻ったら、もう一度、歯科技工士という職業を選ぶと思うんですよね。そのくらい歯科技工が好きなんです(笑)いつもやりながら、本当に自分は技工の仕事が好きだなって噛みしめています(笑)技工物を作っているときって全然ストレスを感じないんですよ。そのくらいに技工が好きだし、人の役に立つ、やりがいの感じられる良い仕事だと思っています。 だから、歯科医師として治療が好きな先生とは、必ずと言ってよいほど、良い関係になれていますね。立場は違うにせよ、お互いに良い治療をすることを目指せるのですから、これほどパートナーとして良好な関係はありませんよね(笑)僕は、一つひとつの技工物にこだわりをもって作っているし、患者のために最善を尽くす覚悟で仕事をしています。
労力を惜しまないことが、先生の納得や満足につながる
― 菊池さんは、技工士という仕事にかなりの熱意で向き合っていますね。
実は、今も京都までわざわざセミナーを受けに行っているんですよ(笑)技工が上手い人の技術はお金と時間を使ってでもやっぱり手に入れたいんです。技工士は、技術を上げるために面倒くさがらずに、様々な場所にフットワーク軽く、足を運ぶことが大切だと思っています。どんなところでも実際に自分で足を運んで、自分の目で見て、自分の耳で聞いてということをやると、ひとりで悩んでウンウンとただうなってるよりも、何倍もためになります。 更に、そういうところで得た知識や技術を、先生にどんどん還元していくことで、先生も刺激を受けてくれますからね。先生って実際のところ診療でかなり忙しいので、なかなか新しい情報を入手する暇がないんですよ。だから、勉強熱心な先生ほど、僕のことを可愛がってくれている気がします。
仕事もプライベートも両立できるラボ
― 最後に、菊池さんのラボに興味を持った技工士にメッセージを。
う~ん、偉そうなことを言える立場じゃないから困っちゃうなぁ(笑)今は自分一人でラボをやっているので、労働時間も休日も自分で調整できるから、忙しくて遅くまで仕事をしていることもあれば、週3日休みを取れることもあります。予定があればそこを休みにするよう仕事を調整する、ということが出来ています。 でも今後、スタッフを採用しようと思っているので、残業をしなくていいように、働き方や労働時間をコントロールできるようにしなきゃいけないと思っているんです。やはり、どれだけ仕事が好きだといっても、無理のある働き方が続くと、いつか仕事が嫌になっちゃいますからね。 例えば、「今日は、夜に友人と約束があるから早めに帰ります」といったように個人的な予定に合わせて帰っても構わないし、逆に、今日はちょっと頑張りたいっていう場合には好きなだけ仕事をやってもらっていいと思うんです。きちんと仕事とプライベートが両立できる職場にしたいと思っていますので、ぜひウチのラボに興味のある方はぜひ一度、見学に来てみてください。 ウチのラボで働く技工士は、仕事の時間の使い方を自分で決められて、スタッフ一人ひとりが自分自身の仕事をうまく調整できるような、自由度の高い職場にしていきたいですね。 どうもありがとうございました。

編集後記/大久保
菊池さんは、やる気とか上手くなりたいという向上心の塊のような人だ。自分に才能がなかったからこそ、実直に努力を続けてきたと仰っていたが、努力し続けること自体が一つの才能だと思う。以前、棋士の羽生善治さんが「プロフェッショナルとは、その人がその時点で持っている全てを出し切ることができる人」と言っていたが、まさにそんな雰囲気を感じられる技工士だと思う。

菊池デンタルラボラトリーの代表を務める菊池裕太氏は、歯科技工専門誌QDTにたびたび症例が掲載される、絶対的な実績を持つ歯科技工士の一人である。特に、割れやすいインレーのケースに関しては、ドクターから絶対的な信頼を得ており、ナイーブなケースになればなるほど菊池デンタルに製作依頼をするというドクターが多い。菊池氏は、ドクターとのコミュニケーションを重視しており、まず初めの数ケースを二人三脚で協力し合いながら製作し、ドクターの好みを把握することに全力を尽くす。また、菊池氏は新東京歯科技工専門学校の非常勤講師も努めており、豊富な知識や技術に裏打ちされた技工物は、多くのドクターから厚い信頼を得ている。
有限会社菊池デンタルラボラトリーの基本情報
菊池デンタルラボラトリー | 神奈川県横浜市
〒224-0006
神奈川県横浜市都筑区荏田東4-8-5プラザ都筑2-4
<沿革>
2017年 有限会社菊池デンタルラボラトリー代表取締役就任
2019年 神奈川県横浜市にラボを増設
有限会社菊池デンタルラボラトリーへのアクセス

技工物種類 対応可否
保険FMC
自費クラウン/ブリッジ
自費インレー・アンレー
CADCAM冠
チタン冠
インプラント(ストローマン)
インプラント(ノーベル)
インプラント(その他)
デンチャー(保険)
デンチャー(自費)
矯正
マウスピース矯正
マウスガード
自費TEK
ラミネートべニア

編集
求人項目概要
募集職種求人情報がありません。
給与/賞与求人情報がありません。
勤務時間求人情報がありません。
勤務地求人情報がありません。
休日求人情報がありません。
福利厚生求人情報がありません。
求人情報の
変更はコチラ(無料)


都道府県別の人気ラボ一覧

<北海道・東北エリアの歯科技工所>
北海道青森岩手宮城秋田山形福島
<関東エリアの歯科技工所>
茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
<北陸・甲信越エリアの歯科技工所>
新潟富山石川福井山梨長野
<東海エリアの歯科技工所>
岐阜静岡愛知三重
<関西エリアの歯科技工所>
滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
<中国エリアの歯科技工所>
鳥取島根岡山広島山口
<四国エリアの歯科技工所>
徳島香川愛媛高知
<九州・沖縄エリアの歯科技工所>
福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄

各ラボの技工料や特徴をご説明させて頂きますので、お気軽にご相談ください!

下記のお問い合わせフォーム、もしくは直接、担当者までお気軽にお問い合わせ下さい(080-7592-7269/担当:大久保)
※誠に申し訳ございませんが、もし電話に出られなかった場合は、折返しのご連絡をさせて頂きます。

【インスタグラム】
https://www.instagram.com/giko4com/
※メッセージでのやり取りも可能です

【Facebook】
https://www.facebook.com/pg/giko4com/
※Facebookメッセンジャーにてやり取りが可能です。

当ラボへのお問い合わせはコチラ

    お問い合わせ内容(必須)複数選択可

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    全国の人気ラボ/歯科技工士

    1. デンタルスタジオ和|埼玉県越谷市

    2. 横浜トラスト歯科技工研究所 |神奈川県横浜市

    3. 株式会社DLP|東京都目黒区

    4. ナショナルデンタルラボラトリー|大阪府吹田市

    5. ペルーラAOSHIMA|青嶋仁|東京都大田区

    6. ツヤデンタル|京都府亀岡市

    7. シルバーデンタルラボラトリー|埼玉県さいたま市

    8. ベルデンタルラボラトリー|東京都大田区

    9. 京王歯研|群馬県高崎市

    10. 株式会社リック | 大阪府大阪市

    11. ケン・デンタリックス|東京都文京区

    12. 三和デンタル | 東京都大田区

    13. トリニティ・リンク|神奈川県平塚市

    14. 小川製作所|東京都台東区

    15. ジャステック|茨城県守谷市

    都道府県別の人気ラボ一覧

    <北海道・東北エリアの歯科技工所>
    北海道青森岩手宮城秋田山形福島
    <関東エリアの歯科技工所>
    茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
    <北陸・甲信越エリアの歯科技工所>
    新潟富山石川福井山梨長野
    <東海エリアの歯科技工所>
    岐阜静岡愛知三重
    <関西エリアの歯科技工所>
    滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
    <中国エリアの歯科技工所>
    鳥取島根岡山広島山口
    <四国エリアの歯科技工所>
    徳島香川愛媛高知
    <九州・沖縄エリアの歯科技工所>
    福岡佐賀長崎熊本大分宮崎
    鹿児島沖縄

    技工士ドットコム公式Twitter

    1. 保護中: 【セレック プライムスキャン特集】前歯6本の症例編〜想定…

      2021.06.11

    2. 【第38,39回】日本咬合学会学術大会・総会のご案内

      2021.06.08

    3. コラム「デジタルによって、 技工業界はどう変わるのか? – そ…

      2021.06.05

    4. 技工士ドットコムの記事執筆・監修にご協力いただいた方々

      2021.05.21

    5. 【最新口腔内スキャナー特集 Part3】デンツプライシロナ社のセレッ…

      2021.05.11