岡 勝彦|オカデンタルラボ|神奈川県横浜市

略歴
1990年 新東京歯科技工士学校 卒業
1990年 有限会社デンタルワークス 入社
2001年 有限会社ショウナンデタルスタジオ 入社
2003年 オカデンタルラボ 開業

技術進歩が著しいデジタル技工の分野で、最新機材・や材料の研究を行い、試行錯誤を繰り返しながら究極の技工品質を追い求めている歯科技工士。いち早く導入したCAD/CAMは業界屈指の稼働率で、デジタル技工技術をうまく取り込み、コストパフォーマンスの優れたラボとして人気が高い。

「黙々と努力して技術を磨くスタイルが自分に向いていた」

岡さんが歯科技工士になったきっかけを教えて頂けますか?
― 歯科技工士という職業を知ったのは、高校の時ですね。たまたま友人のお兄さんが歯科技工士をやっていたんです。傍から見て、あの仕事は面白そうだなぁと思えたことと、当時は、歯科技工士という職業自体がとても儲かっている時代でしたからね(笑)そういう意味でも魅力がありました。

― 歯科技工士って、「能力 = 収入」になる仕事だろうなぁと思っていたし、黙々と努力して技術を磨くところなんかは自分の性格に向いている仕事だなと思っていました。モノ作りが好きでしたし、手に職をつけたい、という自分の希望にも合っていたんです。

いざ専門学校に通ってみてイメージ通りでしたか?
― 同級生にはうまいやつがゴロゴロいてね、自分はそんなに成績が良い方ではなかったと思います(笑)残念ながらその当時は、自分に技工センスがあるとは思っていませんでしたしね(笑)学生時代は、苦労した記憶の方が多いですね。

でも、今活躍している技工士の方の中にも、就職してから歯科技工という仕事ときちんと向き合って、高い技工スキルを身につけた方も多いんじゃないでしょうか?学生時代は、どうしても臨床経験も浅くて基本的な知識を覚えるくらいのことしかできないですしね。自分は、仕事をしてからですね、技工技術がメキメキとあがっていったのは。

「大手と同じ営業をしていても仕事は取れない」

― 最初の就職先は、歯科技工士が10人ほど在籍している中堅ラボでした。同年代の若手の同僚もいましたが、すぐに辞めてしまう人が多かったですね。他のラボへ行く人もいましたし、歯科技工士という仕事自体を辞めてしまう人もいましたね。私はいつか自分が開業したら、長く働き続けられるラボを作りたいなぁと思ったきっかけでしたね。

どうして辞めてしまうのでしょう?
― 簡単に言ってしまうと労働時間が長かったからですよね(笑)仕事量がとても多かったんです。朝9時に出社して夜の21時や22時にならないと帰れない。帰る時間が夜中や明け方にならないだけマシでしたが、今のうちのラボと比べると、当時は厳しい時代でしたね(笑)パラのクラウンだと1日20本以上作っていたと思います。でも、そのラボで大量な仕事をこなせるようになっていたので、次に転職したラボでの仕事は、逆にとても楽に感じましたね(笑)

次の職場は、どんな感じでした?
― 次に勤めた技工所では、開業するために営業ノウハウを身につけたいと思っていたので、飛び込み営業もさせてもらっていました。1日30軒くらいの歯医者さんに訪問して、4件くらいの仕事が取れていましたね。我ながら、良い営業成績だったと思います(笑)最初は保険の技工物の仕事をやらせてもらうのですが、しばらくして信頼関係ができると、「岡さんは上手いから自費の仕事もお願いするね」と言っていただけるようになって。

飛び込みで30件訪問して、4件受注できるのはかなり良い数字ですよね?
― そうですよね(笑)自分では特に営業センスがあったとは思っていなくて、たまたまですね(笑)なぜか飛び込み営業のときに、まずは自分が作った技工物を見てもらうと、ドクターに興味を持ってもらえました。そして、その後にクリニックが普段出している技工物を見せてもらうんですよ。

その時に、「この技工物は、この辺が気になりませんか。もっとこうするとチェアサイドでの調整が必要なくなりますよ」というように、具体的に改善点をご提案していました。例えばコンタクトやトリミングとかを一つひとつ具体的に。もちろん先生の好みにもよるんですが、「点で接触させるよりも面で接触させた方が、食べものが挟まりにくいですよね」といったように細かい点に関して、一つひとつ具体的にお話しをしていくと、ドクターは「ほうほう、なるほど」と私の話を聞いてくださいました。

逆に、そこまで詳しく具体的に説明しないと、大手ラボさんの営業スタッフと違いを感じてもらえませんからね(笑)大手ラボさんも飛び込み営業をしているのに、そこと同じことをやっても仕事は取れませんからね(笑)

― あとは、積極的に、新製品についての情報をお話をするとドクターに興味を持ってもらえることが多かったですね。当時はちょうど、e-maxが出てきた頃だったので、「こういう商品があって、このような特徴で・・・」などのように材料の特性に関しても分かりやすくご説明しましたね。最近だとCADCAM冠ですかね。

いろいろなセミナーや勉強会に参加して自分で勉強して、ラボに帰ってきて実際に試行錯誤して研究してみて「こういう材料特性があるので、こういうところに気を付けた方が良いですよ」といった新しい情報をドクターにご提供すると、とても重宝がられます(笑)ドクターが患者さんにうまく説明できるように技工に関する情報を提供することも、歯科技工士の仕事の範囲だと思うんですよね。



→ <次ページ>考え抜くことが、自分の強み

1

2 3 4

関連記事

  1. 小川 露胤寛|小川製作所|東京都台東区

  2. 保護中: 坪内 誠|エム・エス・クリエイト|神奈川県横浜市

  3. 石原孝樹|QLデンタルメーカー|神奈川県川崎市

  4. 岩崎 直紀|ファインデンタルラボラトリー|神奈川県横浜市

  5. 薄井 秀敏|u-Styleうすいキカク|神奈川県横浜市

  6. 吉田 直文|クレインセラミックス|神奈川県大和市

  7. 松本 三千男|MDS|東京都板橋区

  8. 田口 大助|東和技研|東京都立川市

  9. 滝田 大地|QLデンタルメーカー|神奈川県川崎市

  10. 日高 洋幸|UNICON|東京都台東区

  11. 平野周太朗|ケン・デンタリックス|東京都文京区

  12. 片川 絋輔|Sway Dental Lab|神奈川県横浜市

Twitterで最新情報を発信中!

Facebookページにもいいね!をお願いします

  1. 熊谷 ちひろ|ケン・デンタリックス|東京都文京区

    2019.08.13

  2. 外山 紗希|QLデンタルメーカー|神奈川

    2018.06.05

  3. 間中 道郎|Dent Craft Studio Mʼs Art

    2017.09.06

  1. 永田 翔大|ハピネスクリエイト|東京都三鷹市

    2019.12.03

  2. K.S.I オープンセミナー 2019年11月17日(日)「欠損補綴治療におい…

    2019.10.21

  3. 加藤潤|NEW GATE|東京都八王子市

    2019.10.05

  4. 岩崎 直紀|ファインデンタルラボラトリー|神奈川県横浜市

    2019.10.03

  5. 歯科技工大手の杏友会、ケーオーデンタルとの業務提携を解消

    2019.10.02

  1. 熊谷 ちひろ|ケン・デンタリックス|東京都文京区

    2019.08.13

  2. 外山 紗希|QLデンタルメーカー|神奈川

    2018.06.05

  3. 間中 道郎|Dent Craft Studio Mʼs Art

    2017.09.06

  4. 青嶋 仁|ペルーラAOSHIMA|東京

    2017.09.02