【2020年6月】チタン冠が保険適用!技工料・保険点数・適用範囲とは?

チタン冠!気になる技工料・保険点数・適用範囲とは?

2020年6月1日より、大臼歯(6・7・8番)のチタンクラウン(鋳造タイプ)が保険適用となりました(令和2年厚生労働省告示第227号公布)。特に、大臼歯は使用金属量が多いため、価格が高騰している金銀パラジウム合金の代替材料として、また保険CAD/CAM冠は適用制限があるため、この課題を解決する新たな保険材料となることが期待されています。おそらく将来的には、CAD/CAM冠のように、チタン冠のミリングマシンでの削り出しも視野に入ってくるのかもしれません。

チタン冠の保険点数は「1,266点」

さて、気になるチタン冠(純チタンクラウン)の保険点数ですが、1,266点です。従来の歯科鋳造用12%金銀パラジウム合金が、①技術料454点+小臼歯(525点)/大臼歯(733点)なので、小臼歯であれば約200点ほど、チタン冠の方が高く設定されています。

①技術料:1,200点
②材料料:66点
チタン冠の保険点数 = 1,266点

気になる技工料はいくら?取扱ラボはどこ?

さて、気になる技工料ですが、いくつかのラボに問い合わせたところ、6,000円~8,000円(金属代別途)の技工料に設定しているラボが多いようです(金属代は47円/g)。なお、チタン冠は2020年6月1日に保険収載されてからまだ日が浅いため、技工料の相場が変動していることにご注意ください。いわゆる「7対3」大臣告示(保険点数7割程度が技工料)が目安だとすると8,400円となるため、目安よりは、20%ほど安価な技工料に設定されていると考えて良いのではないでしょうか?

【2021年春版】主要メーカー別/最新の⼝腔内スキャナー値引後価格リストを無料プレゼント中!



     

    This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

    取扱ラボを調べてみました(google検索上位7社:2020年8月1日時点)

    まだ保険収載されて間もないため、チタン冠を製作できる歯科技工所が全国的に少なく、チタン冠に対応してくれるラボを探している歯科医院が非常に多い状況です。そこで、簡単ではありますがgoogleの検索結果を下記に列挙しておきますので、ご興味のある方は、各ラボにお問い合わせください。また、下記ラボ以外にも、チタン冠を取り扱っている歯科技工所をご紹介させて頂きますので、コチラよりお問い合わせください。
     ラボ名都道府県URL
    1テクニカルセンター埼玉県ホームページはコチラ
    2足利セラミックラボラトリー栃木県ホームページはコチラ
    3中央歯科補綴研究所東京都ホームページはコチラ
    4KDL神奈川県ホームページはコチラ
    5フジデンタルラボ福井県ホームページはコチラ
    6ワイドデンタル長野県ホームページはコチラ
    7デンタルラボ・アジール大阪府ホームページはコチラ

    適用範囲は、大臼歯(6・7・8番)

    なお、今回のチタン冠の保険適用範囲は、大臼歯(6・7・8番)のみとなっており、全部金属冠による歯冠修復に用いるものが対象となっています。鋳造用ではなくCAD/CAM用の材料を用いた場合は、従来通り、保険算定対象とならないことに注意が必要です。

    適用条件:次のいずれにも該当すること。
    ① 薬事承認又は承認上、類別が「歯科材料(1)歯科用金属」であって、一般的名称が「歯科鋳造用チタン合金」であること。
    ② JIS H4650第2種に適合するものであること。
    ③大臼歯の全部金属冠による歯冠修復に用いるものであること。

    金属アレルギーの有無に関係なく算定可能

    チタンは、材料の特性として他の金属より金属アレルギーを起こすリスクが低いと言われています。今回は、金属アレルギーを有する患者等に関する記載がないため、金属アレルギーの有無に関係なく算定可能になっていることが特筆すべきポイントの一つです。
     
    チタン冠は、強度が強いため薄く製作できるため、噛む力が強い方はCAD/CAM冠よりチタン冠の方が適しているケースがあります。今回保険収載されたチタン冠は鋳造方式しか対象となっていないため、一般的な技工物の製作時間として7~8時間くらいが見込まれています(技工料換算で1時間あたり800円~1,000円/時)。医療関係の専門職の仕事としては、やや安価な設定かもしれません。

    従来の金銀パラジウム冠との比較

    最後に、従来の歯科鋳造用12%金銀パラジウム合金との比較表を掲載しておきますので、ぜひご覧ください。
     (今回)チタン全部鋳造冠(従来)金銀パラジウム合金全部鋳造冠
    保険点数保険適用(1,266点)454点+小臼歯(525点)・大臼歯(733点)
    対象範囲大臼歯のみ小臼歯/大臼歯
    使用金属純チタン2種歯科鋳造用12%金銀パラジウム合金
    その他整体親和性が高いが、鋳造がやや難しいチタン冠より2割程度、硬い

    この記事を読んでいる人は、コチラも読んでいます!

    1. 2021年最新版!【口腔内スキャナー購入を検討中の歯科医師の方へ】最新10機種を徹底比較!

    2. 【2020年9月1日】前歯部のCAD/CAM冠が保険適用

    3. 【口腔内スキャナー購入を検討中の歯科医師の方へ】最新10機種を徹底比較!Part2

    4. 大好評!ドクターから口コミ評価の高い歯科技工所を紹介「技工の窓口」

    5. 歯科技工のデジタル化、グローバル展開可能に

    6. 【2019年最新版】CADCAM/口腔内(オーラル)スキャナー人気ランキング

    7. ケンデンタリックス株式会社3Dプリンター活用によるフェイスシールド配布へ

    8. 歯科用CADCAM/口腔内スキャナー、人気ランキング&販売価格【2018年版】

    9. 元中日の関啓扶選手が名古屋の歯科技工専門学校へ

    10. 【2020年最新版】技工士ドットコム独自ヒアリング調査 技工物の価格は?

    11. 技工物のクオリティを50%高める、写真撮影3つの技術

    12. 厚労省|歯科技工士の先細りを懸念 人材確保策を議論

    都道府県別の人気ラボ一覧

    <北海道・東北エリアの歯科技工所>
    北海道青森岩手宮城秋田山形福島
    <関東エリアの歯科技工所>
    茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
    <北陸・甲信越エリアの歯科技工所>
    新潟富山石川福井山梨長野
    <東海エリアの歯科技工所>
    岐阜静岡愛知三重
    <関西エリアの歯科技工所>
    滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
    <中国エリアの歯科技工所>
    鳥取島根岡山広島山口
    <四国エリアの歯科技工所>
    徳島香川愛媛高知
    <九州・沖縄エリアの歯科技工所>
    福岡佐賀長崎熊本大分宮崎
    鹿児島沖縄

    技工士ドットコム公式Twitter

    1. 保護中: 【最新口腔内スキャナー特集 Part3】デンツプライシロナ社…

      2021.05.11

    2. 保護中: 【最新口腔内スキャナー特集 Part2】デンツプライシロナ社…

      2021.05.09

    3. 保護中: 【最新口腔内スキャナー特集 Part1】デンツプライシロナ社…

      2021.04.30

    4. 大好評!口腔内スキャナー記事まとめ一覧

      2021.04.04

    5. 透明マウスピース矯正のDPEARLが、歯科AI治療支援システム開発へ

      2021.02.17