成田デンタル、口腔内スキャナーを寄贈

成田デンタル(千葉市美浜区)は、歯科技工士を育成する専門学校などへ口腔内スキャナーを寄贈するプロジェクトを開始した。まずは九州エリアで、大分県歯科技術専門学校、九州医療専門学校、博多メディカル専門学校の3校に寄贈する。

歯科医院で治療を受ける患者は、従来の印象材による印象採得を不快に感じるケースが多く、デジタル機器である口腔内スキャナーを使うと、精神的な面だけでなく時間的な面でもメリットが大きいと言われている。海外では、徐々に普及拡大している口腔内スキャナーだが、国内ではまだ保険収載されていないという現状もあり、普及率は海外に比べると著しく低い。

同社は、国内での早期普及をサポートするため、今後も全国の技工学校に口腔内スキャナーを寄贈するプロジェクトを継続するとしている。

この記事を読んでいる人は、コチラも読んでいます!

  1. 歯科技工大手の杏友会、ケーオーデンタルとの業務提携を解消

  2. シケン、デンタスの歯科技工物販売子会社を引き受け

  3. AIの技術を歯科技工に活用

  4. コロナ融資セミナー開催変更のお知らせ

  5. 宮城県、若手歯科技工士の復職を支援

  6. 歯科技工所の新しい働き方「歯科技工士在宅ワークセット」

  7. 【最新版】歯科技工業界の現状

  8. 日本歯科技工所協会、創立50周年

  9. 歯周病と癌の意外な関係とは?

  10. DGSHAPE社、歯科3Dプリンタを新発表

  11. 大阪 歯の詰め物の無資格製造で書類送検

  12. 【2020年9月1日】前歯部のCAD/CAM冠が保険適用