銀歯値上げ、患者負担1割増

パラジウムや金など貴金属の値上がりで、虫歯の治療に使う銀歯の価格が10月から上昇する。代表的な素材「金銀パラジウム合金」で奥歯にかぶせものをする場合、保険適用で患者が歯科医に払う負担額(原則3割)は144円(1割)増える。前年同期に比べると219円(2割)の値上がり。国際相場の上昇が虫歯治療の値上がりとなって家計に響きそうだ。
出所:日本経済新聞
 
詳しくはコチラ

この記事を読んでいる人は、コチラも読んでいます!

  1. 歯科治療、銀歯からプラスチックへ加速

  2. 【2020年9月1日】前歯部のCAD/CAM冠が保険適用

  3. 技工士ドットコム公式Twitterを開設しました!

  4. 大阪 歯の詰め物の無資格製造で書類送検

  5. AIの技術を歯科技工に活用

  6. 歯科技工大手の杏友会、ケーオーデンタルとの業務提携を解消

  7. 歯科技工士校の入学者1,000名割れ

  8. 技工士ドットコム公式Facebookページを開設しました!

  9. 日本歯科技工所協会、創立50周年

  10. コロナ融資セミナー開催変更のお知らせ

  11. 成田デンタル、技工料金を値上げ

  12. デンタルサポート|歯科治療にAI活用 CAD開発、特許出願