銀歯値上げ、患者負担1割増

パラジウムや金など貴金属の値上がりで、虫歯の治療に使う銀歯の価格が10月から上昇する。代表的な素材「金銀パラジウム合金」で奥歯にかぶせものをする場合、保険適用で患者が歯科医に払う負担額(原則3割)は144円(1割)増える。前年同期に比べると219円(2割)の値上がり。国際相場の上昇が虫歯治療の値上がりとなって家計に響きそうだ。
出所:日本経済新聞
 
詳しくはコチラ

関連記事

  1. 【2019年最新版】CADCAM/口腔内(オーラル)スキャナー人気ランキング

  2. 技工士ドットコム公式Facebookページを開設しました!

  3. 歯科技工物のシケン、徳島本社強化

  4. 岩手医大|歯科技工科を廃止

  5. 大好評!口コミ評価の高いラボを紹介「技工の窓口」

  6. 成田デンタル、口腔内スキャナーを寄贈

  7. AIの技術を歯科技工に活用

  8. 歯科技工士が義歯専用歯ブラシを開発

  9. 入れ歯作製、新素材で作製期間が1/3に大幅短縮

  10. 日本歯科技工所協会、創立50周年

  11. シケン、デンタスの歯科技工物販売子会社を引き受け

  12. 伊藤忠 ZOO LABOと資本業務提携