技工物のクオリティを50%高める、写真撮影3つの技術

今回は特別に、QLデンタルメーカーの石原代表より、再製を減らし、より質の高い技工物を作る上で、普段、歯科医院にお願いしている写真撮影の3つのポイントについて、寄稿して頂きました。

執筆:QLデンタルメーカー 石原孝樹

前歯部症例、いわゆる前歯の補綴物は、最も高いクオリティが求められます。患者様が毎日鏡で目にするところであり、人からも見れる部分です。患者様ご自身も、前歯部の補綴物のクオリティが低ければ、人前で笑顔になりにくかったり、自分に自信が持てなくなってしまったり、いわゆるQOL(クオリティ・オブ・ライフ)が、低下してしまいます。

前歯部補綴物の完成度が高ければ、患者様のクリニックへの評判にもつながり、ひいてはそれが、クリニックからラボへの信頼へとつながります。いつも以上に、気合をいれて「良いものを作ろう!」と意気込む歯科技工士の方も多くいらっしゃると思います。ですが、単に技工士の技術だけでは、最高のクオリティのものは作れません。

クリニックとラボが連携し「より精度の高い情報」を元に作らないと、いくら経験があり、技術のある歯科技工士であっても、患者様が本当に満足くださる技工物はできないと、私は考えております。これまで、前歯部症例は5000件ほど経験させていただきましたが、例外なく重要になるのは、制作前の写真撮影です。ここにひと工夫を加えるだけで、より高品質な技工物につながります。

注意すべき点は、たったの3つ。

ここを意識し、事前に準備することで、患者様の大きな満足につながると思っております。ぜひ、前歯部症例において、こちらの3つのポイントを意識いただければと思います。

ポイント1:支台歯の情報
支台歯の撮影例

支台歯の撮影例

オールセラミック症例の場合、透過性が高い材料を使用するケースが多いです。そのため、支台歯の色を拾い、そこから狙った色よりも、暗くなることがあります。

そこで重要になるのが、支台歯の正確な情報です。といっても、特に難しいものではなく、支台歯の色がきちんと分かる写真をご用意いただくだけ。この情報は、ベースシェード選択において必要になります。

※クリニックの方が、必要であることを認識されてないケースが多いため、ラボ側から明確に依頼されることをおすすめします

ポイント2:仮歯が入った状態のスマイルラインと顔貌写真

2つ目のポイントは、仮歯が入った状態での患者様の写真を用意すること。

こちらは以外と省略されがちなのですが、完成度の高い技工物を作る上で、とても大切な情報です。この写真があることで、歯科技工士が患者様の腔内にセットされた「将来像」をきちんとイメージしながら製作することができます。

特に前歯症例の場合、

  • 下唇の邪魔にならない
  • バランスのとれた切端の長さ
  • 正中線
  • 咬合平面

などの基準になります。

たとえばこちらのような写真です。

仮歯をいれた状態で、患者様に「ニーっと、歯を見せながらニコッとしてください」とお願いすると、キレイな写真になることが多いです。

ポイント3:隣在歯、対合歯と同一平面で撮影した写真

3つ目は、隣在歯、対合歯と「同一平面」で撮影した写真になります。
前歯1製作の場合、隣在歯の情報だけで十分な場合もありますが、3-3のような場合ですと必ず対合歯のシェードが必要になります。
たとえばこちらのような写真です。

隣在歯、対合歯と同一平面で撮影した写真

3つの中で、こちらが最も注意して撮るべき写真になりますが、ポイントを押さえれば、比較的簡単に用意可能なものでもあります。
下記に悪い例、良い例を挙げておりますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

  • 悪い例(ガイドが同一平面でない、ガイドが隠れている、ハレーションを起こしている)

ガイドが同一平面でないと、正しい技工物の作成が難しくなったり、ガイドがハレーションを起こすとどのシェードガイドか分からなかったり、ガイドで隠れて見えないケースもあります。

  • 良い例

上記の3つのポイントを意識いただくだけで、技工物の品質や製作スピードは間違いなく向上します。歯科技工士の方は、クリニックに依頼する際に、ぜひこの3点をお伝えください。

歯科医の方は、ラボに依頼をする時、こちらの3つの写真をぜひご用意ください。この写真があることで、コミュニケーションがスムーズになり、より高品質な技工物に間違いなく、つながると思います。

QLデンタルメーカー株式会社の詳細は、こちらからご覧ください。

この記事を読んでいる人は、コチラも読んでいます!

  1. 【2020年6月】チタン冠が保険適用!技工料・保険点数・適用範囲とは?

  2. 岩手医大|歯科技工科を廃止

  3. 歯科技工大手の杏友会、ケーオーデンタルとの業務提携を解消

  4. 歯科治療、銀歯からプラスチックへ加速

  5. 保護中: 歯科材料小売店「 YAMAKIN」近日3Dプリンター発売へ

  6. 技工士ドットコム公式Twitterを開設しました!

  7. 欧米で注目!絵画などの芸術(アート)が患者の不安を取り除く!?

  8. 噛み合わせの「超プロ」が語る!咬合理論を学ぶ大きなメリットとは?

  9. 2022年最新版!【口腔内スキャナー購入を検討中の歯科医師の方へ】最新10機種を徹底比較!

  10. 【速報】9月からマグネットデンチャーが保険適用されました

  11. [製品紹介]最先端のデジタル技工で作るジルコニアレストレーション「ZEX」

  12. 成田デンタル、口腔内スキャナーを寄贈

都道府県別の人気ラボ一覧

<北海道・東北エリアの歯科技工所>
北海道青森岩手宮城秋田山形福島
<関東エリアの歯科技工所>
茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
<北陸・甲信越エリアの歯科技工所>
新潟富山石川福井山梨長野
<東海エリアの歯科技工所>
岐阜静岡愛知三重
<関西エリアの歯科技工所>
滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
<中国エリアの歯科技工所>
鳥取島根岡山広島山口
<四国エリアの歯科技工所>
徳島香川愛媛高知
<九州・沖縄エリアの歯科技工所>
福岡佐賀長崎熊本大分宮崎
鹿児島沖縄

技工士ドットコム公式Twitter

  1. 【特集】歯科医院が使える補助金?

    2022.04.26

  2. 保護中: 【独自調査】ドクターが実は知りたい歯科技工料金相場

    2022.03.24

  3. CAD/CAMインレー保険適用【診療報酬改定:2022年4月】

    2022.03.23

  4. 【特集】2022年 歯科医師国家試験の結果を振り返る!

    2022.03.23

  5. 【技工コラム】噛み合わせの「超プロ」が語る!咬合理論(スラビチ…

    2022.01.23