【2020年最新版】技工士ドットコム独自ヒアリング調査 技工物の価格は?

技工士ドットコムでは、全国の歯科医師から「腕の良い歯科技工士を紹介してほしい」「保険を受けてくれるラボを紹介してほしい」という依頼をいただきます。そのなかでよく聞かれるのが「ところで、技工物はいくらになるの?」という価格面のこと。

価格を公表しているラボもありますが、その多くはブラックボックス。業界的にも、技工物の価格はかなり不透明と言えるでしょう。そこで技工士ドットコムでは、独自でヒアリング調査を実施し、ご質問の多かった、

・保険
・CAD/CAM冠
・ジルコニアクラウン

この3つの単価について、この記事でお伝えしたいと思います。

調査方法:ヒアリング調査(対面、電話)
サンプル数:28/47
調査時期:2020/01~06

①保険技工物

保険の技工物については、7:3告示など、価格面が長らく問題となっています。技工士側からすると「安くしすぎると採算が合わない」「でも、安くしないと受注できない」というジレンマがあるのも事実。

企業努力によって、製造工程の効率化、原材料を安く仕入れる、製作時間の短縮など、保険技工物の単価を抑える工夫がなされていますが、ダンピング競争になっている側面もあり、価格の問題は、根深いものがあります。

保険技工物の平均価格は、全国保険医団体連合会によると下記のようになっています。


※2016年全国保険医団体連合会の資料より、技工士ドットコム編集部にて作成

技工士ドットコムの独自調査によると、この平均価格よりも、2割、3割弱も安い価格で製作しているラボもありました。たとえば、全部鋳造冠で1600円台など、かなり安く作っているところもあります。

保険に強いラボもたくさんご紹介できますので、保険技工物について聞きたいことがある方は、気軽にご質問ください。

詳細はこちらからお問い合わせください

②CAD/CAM冠

日本歯科技工士会の「歯科技工士実態調査報告書」によると、約8,000円から10,000円で製作しているラボがもっとも多いようです。しかし技工士ドットコムの独自調査では、かなり価格帯の幅が広く、4,800円〜13,000円(材料費別途)という結果になっています。

金額にかなりの幅がありますが、安く提供できているラボは、業務の効率化を徹底しています。削る前のデザインから、材料の仕入れ、削った後の調整など、ムダを省き、できるだけ低価格で提供できるよう、企業努力をされています。もちろんそれだけ安くしても、利益が出るようなコスト構造になっています。

また我々の調査によると、小規模の歯科技工所よりも15人以上の中〜大規模の歯科技工所のほうが、価格が低くなる傾向があります。業務の効率化、コストカットをする上で、一定の規模があったほうが、有利であるとも言えるでしょう。

品質も高く、価格も安く、競争力のあるCAD/CAM冠が、近年急速に増えています。具体的な情報は、ぜひこちらからご覧ください。

CAD/CAM冠の得意なラボを見る

③ジルコニアクラウン

技工士ドットコムの調査では、単色のジルコニアは約10,000円〜15,000円(ステインなどのオプションは除く)。また、マルチレイヤーのジルコニアは相場が約23,000円であり、安いところではステインなしで16,000円ほどとなっています。QDTなどに掲載される、ブランド力のあるラボ/技工士は、約150,000円など、高額な技工料で製作されています。

ラボも規模によって、価格は異なる傾向にあります

大手ラボ(40人以上)
大手の歯科技工所では、CAD/CAM機を多く保有。作業も効率化しているため、価格は安い傾向にあります。営業マンや組織運営のための人員も必要となるため、値下げするケースは少ないと言えるでしょう。
・フルジルコニア(ステインなし)で12,000円程度
・CADCAM冠で6,000円程度。

中小ラボ(4人〜39人)
中小の歯科技工所も、CAD/CAM機を保有し、作業を効率化しています。価格は大手に比べると、少し割高なケースが多いですが、注文数などに応じて、価格の調整はしやすいと言えます。
・フルジルコニア(ステインなし)で約13,000円~17,000円
・CADCAM冠で6,000円〜10,000円

個人ラボ(3人以下)
個人規模の歯科技工所は、CAD/CAM期を保有しているところは少なく、外注しているケースが多くあります。納期や価格など、柔軟に対応しているケースも多く、経営者の裁量で技工料が決まる印象です。
・フルジルコニア(ステインなし)で約15,000円~23,000円
・CADCAM冠で10,000円程度

まとめ

今回は、技工料についての情報をお届けしましたが、もちろん価格は発注する際の判断材料の1つであり、他にも様々な要素があります。コミュニケーションや、納期、技工物のクオリティなど、そのときに重視するものによって、技工所を使い分けることが重要だと、私たちは考えています。

技工士ドットコムでは、コミュニケーション重視、納期重視、コスパ重視など、様々なラボを掲載しています。独自取材による、オリジナルの情報を多数、お届けしています。より良い治療のため、そしてより良い医院経営のため、ぜひ目的に応じて、優秀なラボとお取引いただければと思っております。

「こんなラボを探している」

など、ご希望をいただければ、最適なラボを技工士ドットコムから提案させていただきます。ぜひ、こちらからお気軽にお問い合わせください。

詳細はこちらからお問い合わせください

この記事を読んでいる人は、コチラも読んでいます!

  1. 歯科用CADCAM/口腔内スキャナー、人気ランキング&販売価格【2018年版】

  2. 【最新版】歯科技工業界の現状

  3. 厚労省|歯科技工士の先細りを懸念 人材確保策を議論

  4. 歯科技工のデジタル化、グローバル展開可能に

  5. 【最新版】必見!クレジットカードが使える歯科技工所・ラボ一覧

  6. 技工物のクオリティを50%高める、写真撮影3つの技術

  7. 大好評!口コミ評価の高いラボを紹介「技工の窓口」

  8. 歯科診療所における、歯科技工の外注状況

  9. 【2019年最新版】CADCAM/口腔内(オーラル)スキャナー人気ランキング

  10. 温故知新 ジルコニア・カラーリング最新テクニック

  11. 元中日の関啓扶選手が名古屋の歯科技工専門学校へ

  12. 保護中: 歯科材料小売店「 YAMAKIN」近日3Dプリンター発売へ

技工士ドットコム公式Twitter

  1. 熊谷 ちひろ|ケン・デンタリックス|東京都文京区

    2019.08.13

  2. 外山 紗希|QLデンタルメーカー|神奈川

    2018.06.05

  3. 間中 道郎|Dent Craft Studio Mʼs Art

    2017.09.06

  1. 歯と全身疾患の関係とは?

    2020.09.20

  2. 世界初、歯科医院向けコロナ対策ロボットを開発

    2020.09.18

  3. 【2020年9月1日】前歯部のCAD/CAM冠が保険適用

    2020.09.17

  4. 【YOSHIDA無料オンラインセミナー】WITHコロナ、AFTERコロナの歯科…

    2020.08.22

  5. 【2020年6月】チタン冠が保険適用!技工料・保険点数・適用範囲とは?

    2020.08.03

  1. 熊谷 ちひろ|ケン・デンタリックス|東京都文京区

    2019.08.13

  2. 外山 紗希|QLデンタルメーカー|神奈川

    2018.06.05

  3. 間中 道郎|Dent Craft Studio Mʼs Art

    2017.09.06

  4. 青嶋 仁|ペルーラAOSHIMA|東京

    2017.09.02