【2022年最新版】技工士ドットコム独自ヒアリング調査 技工物の価格は?

技工士ドットコムでは、全国の歯科医師から「腕のいい技工士を紹介してほしい」「保険の仕事を引き受けてくれる安いラボを紹介してほしい」というご相談を頂きます。そのなかでも、よく聞かれるのが「まずは、ラボの技工料を知りたいんだけど」というお金に関することです。

今では、ホームページで技工料を公表しているラボもありますが、多くのラボでは技工料は公開されていません。そこで私たち技工士ドットコムでは、独自でヒアリング調査を実施しました。
そしてご要望の多かった、

・保険(FMC・全部鋳造冠、硬質レジン前装冠)
・CAD/CAM冠
・ジルコニアクラウン

の3つの技工料について、調査した結果をお伝えしたいと思います。独自の情報となっていますので、ぜひご覧になってくださいね。
 

①保険技工物の技工料

保険の技工物については、7:3告示など、価格面が長らく問題となっています。技工士側からすると「安すぎると採算が合わない」「でも、安くしないと受注できない」というジレンマがあるのも事実。

企業努力によって、製造工程の効率化、原材料を安く仕入れる、製作時間の短縮など、保険技工物の単価を抑える工夫がなされていますが、ダンピング競争になっている側面もあり、価格の問題は、根深いものがあります。

保険技工物の平均価格は、全国保険医団体連合会によると下記のようになっています。


※調査方法:ヒアリング調査(対面、電話)、サンプル数:28/47、調査期間:2020/01~06
※2016年全国保険医団体連合会の資料より、技工士ドットコム編集部にて作成

技工士ドットコムの独自調査によると、この平均価格よりも、2割、3割弱も安い価格で製作しているラボもありました。たとえば、全部鋳造冠で1600円台など、かなり安く作っているところもあります。

保険に強いラボもたくさんご紹介できますので、保険技工物について聞きたいことがある方は、気軽にご質問ください。

詳細はこちらからお問い合わせください

②CAD/CAM冠

日本歯科技工士会の「歯科技工士実態調査報告書」によると、約8,000円から10,000円で製作しているラボがもっとも多いようです。しかし技工士ドットコムの独自調査では、かなり価格帯の幅が広く、4,800円〜13,000円(材料費別途)という結果になっています。

金額にかなりの幅がありますが、安く提供できているラボは、業務の効率化を徹底しています。削る前のデザインから、材料の仕入れ、削った後の調整など、ムダを省き、できるだけ低価格で提供できるよう、企業努力をされています。もちろんそれだけ安くしても、利益が出るようなコスト構造になっています。

また我々の調査によると、小規模の歯科技工所よりも15人以上の中〜大規模の歯科技工所のほうが、価格が低くなる傾向があります。業務の効率化、コストカットをする上で、一定の規模があったほうが、有利であるとも言えるでしょう。

品質も高く、価格も安く、競争力のあるCAD/CAM冠が、近年急速に増えています。具体的な情報は、ぜひこちらからご覧ください。

CAD/CAM冠の得意なラボを見る

③ジルコニアクラウン

技工士ドットコムの調査では、単色のジルコニアは約10,000円〜15,000円(ステインなどのオプションは除く)。また、マルチレイヤーのジルコニアは相場が約23,000円であり、安いところではステインなしで16,000円ほどとなっています。QDTなどに掲載される、ブランド力のあるラボ/技工士は、約150,000円など、高額な技工料で製作されています。

ラボも規模によって、価格は異なる傾向にあります

大手ラボ(40人以上)
大手の歯科技工所では、CAD/CAM機を多く保有。作業も効率化しているため、価格は安い傾向にあります。営業マンや組織運営のための人員も必要となるため、値下げするケースは少ないと言えるでしょう。
・フルジルコニア(ステインなし)で12,000円程度
・CADCAM冠で6,000円程度。

中小ラボ(4人〜39人)
中小の歯科技工所も、CAD/CAM機を保有し、作業を効率化しています。価格は大手に比べると、少し割高なケースが多いですが、注文数などに応じて、価格の調整はしやすいと言えます。
・フルジルコニア(ステインなし)で約13,000円~17,000円
・CADCAM冠で6,000円〜10,000円

個人ラボ(3人以下)
個人規模の歯科技工所は、CAD/CAM期を保有しているところは少なく、外注しているケースが多くあります。納期や価格など、柔軟に対応しているケースも多く、経営者の裁量で技工料が決まる印象です。
・フルジルコニア(ステインなし)で約15,000円~23,000円
・CADCAM冠で10,000円程度

まとめ

今回は、技工料についての情報をお届けしましたが、もちろん価格は発注する際の判断材料の1つであり、他にも様々な要素があります。コミュニケーションや、納期、技工物のクオリティなど、そのときに重視するものによって、技工所を使い分けることが重要だと、私たちは考えています。

技工士ドットコムでは、コミュニケーション重視、納期重視、コスパ重視など、様々なラボを掲載しています。独自取材による、オリジナルの情報を多数、お届けしています。より良い治療のため、そしてより良い医院経営のため、ぜひ目的に応じて、優秀なラボとお取引いただければと思っております。

「こんなラボを探している」

など、ご希望をいただければ、最適なラボを技工士ドットコムから提案させていただきます。ぜひ、こちらからお気軽にお問い合わせください。

詳細はこちらからお問い合わせください

この記事を読んでいる人は、コチラも読んでいます!

  1. 【2022年最新版】歯科技工業界の現状

  2. 歯科診療所における、歯科技工の外注状況

  3. 厚労省|歯科技工士の先細りを懸念 人材確保策を議論

  4. 技工士ドットコムの記事執筆・監修にご協力いただいた方々

  5. 【ミリングマシン特集:e-maxブロック比較検証】種類の違うブロックをアマンギルバッハで削り出すと精密度はどれくらい変わるのか?

  6. 【技工コラム】噛み合わせの「超プロ」が語る!咬合理論(スラビチェック咬合理論)とは?

  7. ケンデンタリックス株式会社3Dプリンター活用によるフェイスシールド配布へ

  8. コラム「デジタルによって、 技工業界はどう変わるのか? – その1 -」

  9. 大好評!ドクターから口コミ評価の高い歯科技工所を紹介「技工の窓口」

  10. 歯科用CADCAM/口腔内スキャナー、人気ランキング&販売価格【2022年版】

  11. コラム「口腔内スキャナーの普及状況と 具体的な臨床応用例」

  12. 技工物のクオリティを50%高める、写真撮影3つの技術

  1. 倉繁歯科技工所、国内で2社目の金属3Dプリンターを導入。

    2022.11.19

  2. 成田デンタル、技工料金を値上げ

    2022.11.04

  3. 歯科技工士も労災保険の特別加入制度対象に(2022年7月より)

    2022.10.07

  4. CAD/CAMインレー保険適用【診療報酬改定:2022年4月】

    2022.10.07

  5. 成田デンタル、社長の石川典男氏が退任。新社長に堤大輔氏が就任。

    2022.10.07

技工士ドットコム公式Twitter

都道府県別の人気ラボ一覧

<北海道・東北エリアの歯科技工所>
北海道青森岩手宮城秋田山形福島
<関東エリアの歯科技工所>
茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川
<北陸・甲信越エリアの歯科技工所>
新潟富山石川福井山梨長野
<東海エリアの歯科技工所>
岐阜静岡愛知三重
<関西エリアの歯科技工所>
滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山
<中国エリアの歯科技工所>
鳥取島根岡山広島山口
<四国エリアの歯科技工所>
徳島香川愛媛高知
<九州・沖縄エリアの歯科技工所>
福岡佐賀長崎熊本大分宮崎
鹿児島沖縄