DGSHAPE社 新型歯科用ミリングマシンで加工時間を大幅短縮

DGSHAPE(ディージーシェイプ)株式会社は、ガラスセラミックスとハイブリッドレジンの加工に最適化した、ウェット方式の新型歯科用ミリングマシン、DWX-42Wを発表した。
 
従来機種DWX-4Wと比較すると、大幅に加工時間が短縮され、搭載できるミリングバーの本数を6本へ増加やした。
 
常時、複数のミリングバーがセットできるため、これまで材料ごとに使い分けていたミリングバーの加工準備の手間や時間ロスがなくなったことが大きなメリットとなる。
 

 
また、LANポートを搭載したことにより、コンピュータと離れた場所にマシンを設置することもできるなど、ユーザビリティが大幅に向上したことも魅力となっている。
 
販売台数目標は、年間で200台(国内海外合計)で、標準価格は350万円(税抜)としている。

関連記事

  1. 歯科医が撤去した銀歯再利用!?

  2. 三井化学と9DWが歯科用CADを開発開始

  3. 歯科技工士が義歯専用歯ブラシを開発

  4. 歯科技工士校の入学者1,000名割れ

  5. 伊藤忠 ZOO LABOと資本業務提携

  6. 【2019年最新版】CADCAM/口腔内(オーラル)スキャナー人気ランキング

  7. 技工物のクオリティを50%高める、写真撮影3つの技術

  8. 歯科技工大手の杏友会、ケーオーデンタルとの業務提携を解消

  9. 成田デンタル、口腔内スキャナーを寄贈

  10. 宮城県、若手歯科技工士の復職を支援

  11. 大阪 歯の詰め物の無資格製造で書類送検

  12. AIの技術を歯科技工に活用